群馬県民御用達の100円から楽しめるかき氷!高崎の老舗かき氷店「日本一」に行ってきた!

群馬県民御用達の100円から楽しめるかき氷!高崎の老舗かき氷店「日本一」に行ってきた!

こんにちは。チリ毛(@chirigetravel)です。

夏本番の季節を迎え、夏の風物詩の代表「かき氷」。

夏のお祭りの定番であるかき氷ですが、高崎には50年以上の歴史を持つ老舗のかき氷店があります。

その名も「日本一

 

天然氷の卸商(街の氷屋さん)でもある「日本一」は、天然氷を使ったかき氷が楽しめるスポットとして群馬県民から長年に渡って愛されています。

なんと1日に100個以上売れるのだとか!

今回はそんな「日本一」のかき氷を食べに行ってきたので、その様子をご紹介していきます。

 



「日本一」への行き方、基本情報

「日本一」は高崎駅と北高崎駅の中間地点あたりにあり、最も近い公共交通機関はバスです。

駅から歩いていくには1km~1.5kmほどあるので少々遠いですが、高崎駅から店まで徒歩1分圏内の場所へのバスが出ていますし、お店には駐車場もありますので車での来店も可能です。

 

名称:日本一

住所:群馬県高崎市本町3-73

アクセス:高崎駅から徒歩15分、バス停「本町三丁目」から徒歩1分

電話番号:027-322-3029

営業時間:13時~17時まで(日によって変更あり

駐車場:あり

WEBサイト:https://www.nihonichi.site/

ツイッターアカウント:@runrunice_1929

 


「日本一」のおすすめポイント

創業50年を超える老舗の天然氷の卸屋でもある「日本一」で販売されているかき氷のおすすめポイントについてご紹介していきます。

 

100円から1000円までの40種を超える幅広いラインナップ

「日本一」のかき氷は種類が豊富でその数はなんと40種類以上

お祭りの屋台で食べるようなガリガリとした粗削りのかき氷は100円、200円で食べることができます。

 

薄くスライスされた氷で作られたかき氷は400円からで、様々な味を楽しめますし、ドリンクメニューやトッピングの追加なども可能です。

料金の高いかき氷は果肉がたっぷり入ったソールが使われていたり、果物自体が乗せられていたりととても豪華です。

2019年の夏時点でのメニューの一覧は以下です。

100円(ガリガリ) 200円(ガリガリ) 400円 500円 600円 700円 800円 900円 1,000円
夏みかん レモン レモン いちご ミルクティ 和三盆かんろ 和三盆かんろあずき 和三盆かんろあずきミルク Mixベリーヨーグルト☆
各種トッピング マスカット 夏みかん 抹茶 ダブルチョコアイスミルク 柚子ハチミツ 和三盆かんろミルク 抹茶あずきミルク グリーンアップルキウイ生クリーム☆
メロン マスカット 白桃 ピンクレモネード 宇治抹茶 抹茶あずき マンゴー☆ マンゴーミルク☆
コーラ メロン 巨峰 ブルーレモネード レインボー 抹茶ミルク やよい姫いちご☆ やよい姫いちごミルク☆
ブルーハワイ コーラ カフェオレミルク グレープフルーツ☆
ブルーハワイ キャラメルミルク(アーモンド) 熊本みかんとオレンジ生クリーム☆
各種ドリンク 黒蜜きなこ

※備考:はフルーツ入り。

 

また販売されるかき氷の種類は季節や年によって徐々に変更されているようで、時間を開けて行けばまたなにか新しい味が考案されていたりと、新しい味を発見する楽しさも味わえます。

 

かき氷の量が激盛り

「日本一」のかき氷を注文して最初に驚いたのが、その巨大さです。

見てください、この山盛り。

山盛りと言う言葉では足らぬ、まさに激盛りです!

器から圧倒的にはみ出しています!!

軽く20cmは器からオーバーしています!!!

 

地元の学生も支持するこの量こそが食べざかりの若者からもたくさんの支持を集める大きな要因でしょう。

 

実際に食べてみた感想

ここからは実際に食べてみた5種類のかき氷を食レポしていきたいと思います。

下の写真の受付で好みのかき氷を注文します。

そしたら番号札が渡されますので、番号が呼ばれるまで設置されている席で待機します。

待つこと5分ほど、待ちわびたかき氷を受け取り、早速実食です!

 

やよいいちご姫

まずは900円と高めの価格設定の「やよいいちご姫」。

しかしその味は文句なしの一品です。

強めの酸味が効いたいちごの果肉入りソースが絶品で、夏の暑さを忘れさせてくれます。

更に写真からも分かる通りかき氷の上にはたくさんのイチゴが積まれており、いちご本来の甘酸っぱさが酸っぱめのソースと良くマッチしており、夏にピッタリの一品です。

抹茶あずき

こちらは800円からのエントリー。「抹茶あずき

フワッフワの氷の上に抹茶ソースと甘く煮詰められた小豆が乗せられた定番の一品です。

上品な甘さと少しの苦味を感じる濃いめの抹茶ソースと甘い小豆のバランスが絶妙で、最後までしっかりと味わえる一品です。

 

さっぱり系よりも甘い系が好きな方におすすめです。

マスカット(ふわふわ&ガリガリ)

格安部門からのエントリー!

ふわふわかき氷のマスカット味です。

大きすぎてもはや器が見えません。笑

 

味は夏にピッタリのさっぱりとした酸っぱい系!

飽きが来にくくいつまでも食べていられます。

 

こちらがマスカットのガリガリフラッペタイプ。

料金はこの大きさでなんと200円

お祭りで食べたら確実に500円はするタイプです。

 

ふわふわの氷と比べるとガリガリとした氷らしさを感じる歯ごたえが特徴です。

調子よく食べ進めていたところでついに来ました。

かき氷に付き物のあの現象。

 

そう、頭痛です。

ふわふわの氷のときには全く感じなかった頭が「キーン」となる現象が、ガリガリの氷だと発生しました。

これは大きな違いだなと個人的には感じました。

夏みかん

出ました。本日最安値の100円かき氷「夏みかん味」

しかし最安値だからといって侮れませんでした。

 

夏みかん味。美味しい!!!

みかんのサッパリとした味わいに、みかんの皮を感じさせる少しの苦味がアクセントになり、夏の暑い日にピッタリの爽やかで食べやすいかき氷になっています。

自分が中高生なら毎日でも食べに来てしまうなと感じる一品です。

 

地元の高校生や家族連れに人気

店を訪れてはじめに感じたのが、「学生さん多い」ということでした。

きっと部活や学校帰りの近隣の学生さんが訪れているのでしょう。

中にはカップルで来店している学生さんも。(眩しくて直視できません)

 

もう一つ目についたのがお子さん連れの家族

家族皆で伝統のかき氷を楽しむために来店される方も多いようで、どの味にするかを楽しそうに話している姿が印象。

とても微笑ましい光景が広がっており、地元に根ざした良い場所なのだなと感じさせてくれます。

 

出張販売やレンタルも可能

「日本一」さんはかき氷店として店舗の営業が有名ですが、もともとは氷の卸問屋ですので、天然氷などの各種氷やドライアイスの販売も当然行っています。(どちらかというとこっちが本業w)

そしてお店でのかき氷や氷、ドライアイスの販売だけではなく、キッチンカーでの出張販売とレンタル事業も行っています。

出張販売はかき氷を始めスイーツ、軽食などが行われており、レンタル事業としてはかき氷機やフライヤー、綿菓子機、クレープ焼台など、お祭りでは定番のグッズたちです。

家でかき氷やスイーツを食べたい、お祭りで使われるような機器を使いたいという方は、ぜひ「日本一」さんに連絡してみてください。

 

老舗かき氷店「日本一」のまとめ

群馬県高崎にある老舗のかき氷店「日本一」さんについてご紹介しました。

行ってみることで、地元に愛されてる理由がよく理解できました。

全国でも珍しい天然氷を使ったかき氷。

是非一度味わいに行ってください!