無料で入れる!?東京唯一の世界遺産 国立西洋美術館についてご紹介

無料で入れる!?東京唯一の世界遺産 国立西洋美術館についてご紹介

この記事では東京で唯一の世界遺産である「国立西洋美術館」に行ってきたので、実際に行ってみた経験も踏まえてその内容を紹介します。

 

このブログの主題には放浪の旅というものを掲げています。

一番の目的は海外放浪について書いていくことですが、しかしながら折角日本人として生まれ育ったのだから日本の良さを知らずして海外に行って良いものか思いたち、東京都内唯一の世界遺産である国立西洋美術館に行ってみました。

 



国立西洋美術館とは

国立西洋美術館はフランス政府から寄贈返還された松方コレクション(印象派の絵画およびロダンの彫刻を中心とするフランス美術コレクション)を基礎に、西洋美術に関する作品を広く公衆の観覧に供する機関として、1959(昭和34)年4月に発足しました。

以来、広く西洋美術全般を対象とする唯一の国立美術館として、展覧事業を中心に、西洋美術に関する作品および資料の収集、調査研究、保存修復、教育普及、出版物の刊行等を行っています。

 

これらの事業のうち、展覧事業に関しては、本館(ル・コルビュジエ設計、1959年)・新館(前川國男設計、1979年)において、当館設立の趣旨である松方コレクションの作品および創立以来毎年購入しているルネサンス以降20世紀初頭までの作品および寄贈・寄託作品を常設展として年間を通して開催しています。

 

また、企画・特別展専用の展示室として1997(平成9)年度竣工した企画展示館において欧米等の美術館からの借用作品による企画展を、新聞社等との共催展として年3回程度開催し、西洋美術の紹介に力を注いでいます。さらに、2001(平成13)年4月からは国立美術館4館(当時)が一つの独立行政法人国立美術館に移行し、国立西洋美術館は独立行政法人国立美術館が設置する美術館の一つとなりました。

また、2016(平成28)年7月に国立西洋美術館を構成資産に含む「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―」が、世界遺産一覧表に記載されました。

引用元「http://www.nmwa.go.jp/jp/about/index.html」

 

基本情報

■名称
独立行政法人国立美術館 国立西洋美術館
所在地
〒110-0007 東京都台東区上野公園7番7号(上野公園内)
■設立
1959(昭和34)年4月1日
■開館
1959(昭和34)年6月10日
■館長
馬渕明子

■アクセス

JR上野駅下車(公園口出口)徒歩1分
京成電鉄京成上野駅下車 徒歩7分
東京メトロ銀座線、日比谷線上野駅下車 徒歩8分

■開館時間

9:30~17:30
金曜・土曜日 9:30~21:00
ただし、時間延長期間は、9:30~22:00

■休館日

毎週月曜日
※ただし、月曜日が祝日又は祝日の振替休日となる場合は開館し、翌日の火曜日が休館
※年末年始(12月28日~翌年1月1日)
その他、臨時に開館・休館することがあります。

 

何故世界遺産と認定されているのか

世界遺産に登録された理由は展示物にあるわけでは無いようです。

どうやら国立西洋美術館の本館である建物自体が文化遺産としての価値を認められたのです。

 

国立西洋美術館の本館が何故世界遺産として登録されたのか。

その理由は国立西洋美術館は近代建築の有名な建築家であるル・コルビュジエによって作られたものだからです。

 

ル・コルビュジエとは20世紀を代表する建築家の一人であり、フランス・パリにて活躍した建築家です。彼は建築だけではなく絵画・彫刻・家具なども手がけ、個人住宅から国連ビルの原案まで幅広い創作活動を展開しています。

合理的・機能的で明快なデザイン原理を絵画、建築、都市などにおいて研究し、20世紀の建築、都市計画に大きく影響を与えました。そして「近代建築の5つの要素」を提唱し近代建築の父の一人に数えられています。

 

そんなル・コルビュジエが国立西洋美術館に関わっており、近代建築運動に多大なる影響を与えた人物が作った建物だからこそ、世界遺産として登録されているわけです。

 

つまり展示されている展示物がすごいからではなく、展示している建物自体に価値があるために世界遺産として登録されているのです。(そうは言っても展示されている作品も錚々たる作品ばかりですが)

 

ですので是非国立西洋美術館に訪れた際には作品だけでなく建物にも目線を向けてみてはいかがでしょうか。

 

無料で入館できる!?

2018年7月時点では常設展は一般・個人だと500円、団体で400円、大学生だと一般の半額、高校生以下は無料で観覧ができます。世界遺産を見ることが出来る金額としては一般料金でも十分安いですが、少しでもお得に観覧したい方に朗報です。

 

なんと毎月の第2、第4土曜日、国際博物館の日(5月18日)、文化の日(11月3日)は常設展を無料で観覧できるのです。※企画展の観覧は別途料金が必要となります。

さらに会館時間が~21:00までに延長されている金曜日と土曜日は17時以降の入館が無料になります!実際に私が訪れた日は金曜日の17時以降でしたが、しっかりと無料で観覧させて頂き、得した気分です!

 

その他イチオシ情報

■写真が取れる!

国立西洋美術館に展示されている作品の数々は著名なものばかりですが、なんと一部の作品を除き写真を取ることが許されているのです。

通常美術館は写真撮影NGである場合がほとんどかと思いますが、国立西洋美術館は一味違いますね。

閲覧してさらに写真を撮って思い出としても残すことが出来るという、なんとも素晴らしい美術館です。

 

■近隣にも楽しめるスポットがたくさんある

国立西洋美術館は東京都台東区の上野公園内にあり、上野公園内にはその他にも東京国立博物館、国立科学博物館、東京都美術館 、上野の森美術館、上野動物園などの施設もありますし、公園内では各種イベントが開催されていますので、飽きる心配もありません。

 

年間を通して観光に訪れる人や地元の人などで賑わっていますが、公園内は約1200本もの桜の木が植えられており自然豊かな空間が広まっており、落ち着いた時間を過ごすことも出来るでしょう。

 

まとめ

簡単な紹介とはなりましたが、家族で遊びに行くもよし、デートで行くもよし、一人でゆっくりするもよし、色んな楽しみ方が出来る国立西洋美術館に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

少しでも見ていただいた方のお役に立てば幸いです。