世界一周2週間前 改めてなんのために世界一周に行くのか?その理由について考えてみる

世界一周2週間前 改めてなんのために世界一周に行くのか?その理由について考えてみる

2018年が終わり2019年も早一週間が過ぎ、世間では仕事が始まっています。

1月の初旬。去年までの自分であればこの時期は新年の挨拶に始まり年末年始でなまった仕事勘を徐々に取り戻していく頃でしょう。

そして年度末の追い込みと来年度に向けた仕事の仕込みに追われつつ、新年会という名の無駄な飲み会に日々消耗していく每日になっていたことでしょう。

それが今年は無いというだけでもどれだけ幸せなことだろうか。

 

自分の信念に背く行為や、自分の成長につながらない時間は心をすり減らし。自分の真の望みを分からなくさせてしまう。

だから出来るだけ望まぬ人付き合いや行動は、仕事であっても避けるべきだと私は考えています。(実際に働いているときはそれが全くできずに、消耗しきってしまったので、心から後悔しています。)

 

そんな辛く苦しかった思い出はさておき、日本出発まで残すところ2週間となりました。

過ぎてしまえば早いのが時間というもので、仕事を辞めてから4ヶ月以上が経過しています。

 

前職の上司からは、「会社をやめたらすぐに行け!今すぐ行け!明日行け!」と言われていたが、なんだかんだ年も跨いでしまいまいた。

すまん課長。

ちゃんと行くから許してほしい。

 

友人からは「海外行く行く詐欺野郎」だなどと不名誉な称号まで授かってしまいました。

ちょっと遅くなったが、ちゃんと行くぞこの野郎。愛情の裏返しとして捉えておいてやる。

 

そして世界一周直前となった今だからこそ、改めて世界一周に行くことの理由について考え直してみたいと思います。

 



私はなぜ世界一周に行くのか

まずは根本的な「Why」の部分から。

全ての行動はこの「なぜ?」という問いから始まりますので、ここがブレているその後の行動にすべて軸がなくなってしまいますので、とても大事な部分です。

きれいな景色を見たいから

もともと小さい頃から密かに放浪願望のようなものがったのを覚えています。

それは「チャリで日本一周してみたいなぁ」と親の前でぼそっとつぶやいてしまうくらいには、私の頭は侵食されていました。

 

そして世界の絶景というのもに対する漠然とした憧れがありました。

 

思い返せば私が憧れを持ち始めたのは小学生の頃、親が集めていた世界の絶景写真がプリントされたテレホンカードに興味を持ったのが始まりだったように思います。

 

当時はまだ携帯電は普及しておらず、街のいたるところに電話ボックスがあり、それに伴ってテレホンカードも多く存在していました。

 

街中の電話ボックスやスーパーなどには使用済みテレホンカード入れが備え付けられており、私はよく世界絶景シリーズのテレホンカードを集めて回っていました。

小学生くらいの小さい子供は大人にはよくわからないものを宝物にして大切にする習性がありますが、私もその例にもれず特殊な趣味を持った小学生だったなと思います。

 

そして世界の車窓からという世界を回る様子を写した短編のテレビ番組も好きでした。

世界中の列車からの景色や駅・都市の様子を映し出すその番組は、東京の地元しか知らない私にとってはほとんど異世界のように感じていましたが、世界は広いんだと私の世界を広げてくれたのを覚えています

 

そしていつか自分も行ってみたいと、漠然とその頃から思い始めていました。

 

 

上記のことは社会人となり忙殺される生活を過ごす中で全く思い出すことが出来なくなっていましたが、「世界の絶景を自分の目で見てみたい」というなんとなくの願望だけは私の中に残っていました。

それのおかげで何とか次に進む方向を見出すことができました。

 

今となっては色々な打算的な理由もたくさんあるが、きっとこの理由が私のすべてのように思います。

単純で分かりやすい欲求ほど人間を素直に突き動かすものだと言われますが、確かにそのとおりだなと実感しました。

 

住みやすい・生きやすい場所を探す

ここからは取ってつけたような理由です。

現在平成も終わろうとしており、およそどこの場所にでも自由に行き暮らすことができる豊かな世の中になって、生まれ育った日本という国だけしか知らずに一生を終えることは非常にもったいないことだと思っています。

 

最終的にはどこか安住の地なる落とし所を見出す必要はあるだろうが、仕事や生活・文化などの面で自分が生きやすい国と場所を探さずに、「ただ生まれた国」という理由だけで盲目的に今の場所に留まるのは、いささか浅慮に思うのです。

 

現状の自分の生活に不満を持っているならばなおさら新たな地を求めても良いのではないでしょうか。

これは国という大きな単位だけの話ではなく、日本国内のどの地域に住むか、または会社を変えるかというような変化でも同じことです。

 

世界を満足するまで見た上で、やはり日本が生きやすいと感じるのであれば、それもそれで良い。

人によっては日本よりも遥かに暮らしやすい場所がきっとあると思います

 

大切なのは世界にはどんな場所があるのか、知ることだと感じたので、私は日本を一度飛び出してみようと思います。

 

世界一周を目前にした今の気持ち

日系企業のサラリーマンとして生きることに疲れ、幼少からの憧れだった世界一周を目前に控えた今、意外と純粋にワクワクして楽しみという感情だけではないことに、自分で少し戸惑っています。

 

楽しみであることには間違いありません。

 

しかし若干の不安や焦り、世界一周に出ることへの億劫さが拭えないのも事実です。

 

それはおそらく、海外で本当に長期間やっていけるのもなのか、あれだけ息巻いておいて1,2ヶ月で帰ってきてしまうのではないかという不安であったり、

ブログや写真、動画撮影・編集・投稿といった活動がちゃんとできるだろうか、海外に行きながら結果が出せるのだろうかという焦り、

実は少しの面倒くささを感じていたいりと、様々な自分がいるのが感じられます。

 

しかしこれまで経験したことがないことに挑戦するにあたって、改めて自分の性格や特性を知ることができる機会にはなっているように思います。

 

それだけでも世界一周に行くと決めたことは、自分にとってプラスになったと感じます。

何事も前向きに捉えることと、過去を反省し改善していくことが大切です。

 

たとえこれまでが怠惰に満ちた生活であったとしても、今日から自分の定めた目標に向けて切磋琢磨すれば良いのです。

 

前向きに考えられるようになっただけ、決断してよかったのだと思うことにします。笑

 

まとめ

世界一周に行く理由も、細かく上げれば上記で上げた内容以外にもたくさんあります。

  • 住み慣れた場所以外でも生きていけるサバイバル的な経験と生活力を身につけるため
  • 英語を話せるようになって海外のおねーちゃんと飲みに行くため
  • 海外の面白い人達に会うため
  • 俺より強いやつに会いに行くため。。。

 

上げ始めたらいくらでも理由はつけられます。

 

それでも何よりいちばん大切なのは、

旅を、人生を楽しむこと

これなのかなと思っています。

 

やりたいこと、やるべきことがたくさんあり、やれる状況だからこそ、自分が決めたことにしっかりと向き合い、ストイックに日々を取り組んでいきたいと思います。