カメラ初心者向け 放浪の旅・旅行でキレイ写真を取るのにおすすめのカメラの条件

カメラ初心者向け 放浪の旅・旅行でキレイ写真を取るのにおすすめのカメラの条件

この記事では旅に持参するカメラについて、考えるべき条件について書いていきます。

 

旅行や海外放浪などの旅先で思い出として写真を残しておきたいと考えている方は大勢いるでしょう。

最近ではスマートフォンのカメラも高機能になってきており、旅先での写真も全てスマートフォンで撮ってしまう方も増えてきています。

 

しかしまだスマートフォンでは一眼レフカメラやミラーレスカメラには追いついていない部分も多く、やはり本格的な写真を撮りたければ、専用のカメラを持参した方がよりきれいな写真が取れるものです。

 

人によって重視する観点は様々ですが、私が思う海外放浪や旅に持っていくとしたらどんなカメラが適しているのか。どんな観点で選べばよいか、その条件を考えていこうと思います。

 



重さは軽いものを

まず海外放浪などの長期の旅において重要になるのが荷物の重さです。旅のスタイルにもよりますが、長距離を移動しなければならないような旅の場合、荷物の重さは非常に重要になってきます。

荷物は当然カメラだけではないので、綺麗に写真が残せる性能を残しつつも、可能な限り軽いカメラを選ぶ方が良いでしょう。

 

特に女性などは重たい一眼レフカメラなどを持って長距離を旅するのは、辛くなる可能性が高いと言えます。

個人差は当然ありますが、目安としては500gを超えない重さを意識すると良いです。

 


大きさは小型がおすすめ

重さと同じような理由にはなりますが、旅が長くなれば長くなるほど必要な荷物は多くなります。

そして見落としがちですが、カメラはカメラ本体以外にも持って行くべき荷物は多いです。

レンズや三脚、予備バッテリー などカメラ本体以外の荷物がかさばることも考えると、本体の大きさとカメラレンズ・三脚等が大きすぎるカメラは、長旅には不向きとなります。

 

本格的なカメラといえばやはり一眼レフカメラですが、カメラは本格的になればなるほど大きくなっていくものですので、良い写真が取りたいからといってあまり高性能で高価な一眼レフカメラを選ぶと、持ち運びがとても大変になってしまいます。

ですので旅に持参するカメラとしては、一眼レフカメラより小型なミラーレスタイプのカメラがおすすめです。

 

壊れにくいカメラ

泊りがけの旅にカメラを持ってい行くと、旅先でのメンテナスが必要になります。

また高温多湿や粉塵などが多く舞う環境でカメラを使うようなこともあるでしょう。

カメラの非常に精密な機械であり、素人が細かな部分までメンテナンスできるような機器ではありません。更にカメラのレンズはカビが生えたりもするため、日頃の管理に気を使う必要があります。

 

そのため簡単に壊れてしまったり、調子が悪くなってしまうカメラだと、せっかく高い値段のカメラを買い旅に持っていっても、使い物にならない邪魔な存在となってしまいます。

 

耐久性が高く細かいメンテナンスが出来ずとも利用し続けられることも、旅に持っていくカメラの条件としては重要なポイントとなります。

 

購入前にどれくらいメンテナンスに手間がかかるか、耐久性はどうかなどしっかり調べた上で機器を選びましょう。

 

値段はあまり高すぎないこと

カメラは非常に高価(何十万円・何百万円もするカメラもざらにある)で精密な機器です。

しかし最近では10万円を切る価格でも、必要な解像度を持ち合わせ、キレイな写真を取る上で重要な撮像素子(イメージセンサー)の大きさも、一番上のフルサイズからひとつ下のAPS-Cを採用したカメラも多く出ています。

 

更に初心者向けのエントリーモデルとしての製品でもあるため使い勝手もよくかつ安価なカメラも多数販売されています。

 

海外放浪などで持っていく場合、熟練者は高価なカメラでも良いでしょうが、初心者は高価過ぎる持っていくことはおすすめできません。

理由としては、旅先で壊れる可能性が高いこと、また海外では特に盗難の危険性が高いからです。

 

初心者がいきなり高価なカメラを買って海外に行って、旅先で盗難などにあってしまった場合、補填してくれる保険などもありはしますが、やはりショックは大きいものになってしまいます。

折角カメラで良い写真を撮ろうと思っていたのに、盗難にあいこれまで撮ったデータごと失くしてしまった。安価であればまた新たに買おうという前向きな気持になりますが、高価すぎると現実的にも買い直しができません。

 

そういったリスクも考えると、あまり懐を痛めすぎない程度の値段の製品にしておくのが良いでしょう。

 

放浪におすすめのカメラ

これまで紹介したカメラに求めるべき条件を考えた時、私がおすすめするカメラは、「Canon EOS Kiss M」です。

 

キヤノンから2018年3月に発売されたEOS Kiss Mは、同社初心者向けシリーズであるEOS Kissではじめてミラーレス一眼として発売されたカメラです。

 

初心者に寄り添った機能を沢山搭載しながらミラーレス一眼としての小型軽量ボディーを実現しており軽量・小型・高性能・使いやすいという、初心者が旅に持っていくのにピッタリのカメラです。

 

価格もレンズキットと合わせても10万円を超えない程度で、他に安い製品はいっぱいありますが、引き換えに性能は初心者には十分すぎるほど備えていると言えるでしょう。

 

まとめ

熟練者になればなるほど、こだわりは出てくるものですし、旅のスタイルによっても製品の向き不向きは変わってきます。

上記に上げた意外のポイントを重視する考えも出てくるでしょう。

 

当然ある程度安かろう悪かろうがある世界ですので、性能も最高で価格は一番安いなど、そんな都合のいいものではありません。

 

自分の中で一番にこだわりたい点・妥協しても良い点を明確にし、自分に合った一番のカメラを納得いくまで選び、ピッタリの一台を持って旅に出かけましょう。