海外放浪・世界一周の際に受けるべき予防接種の種類・回数・方法まとめ

海外放浪・世界一周の際に受けるべき予防接種の種類・回数・方法まとめ

この記事では海外放浪・世界一周に行くための事前準備として必須な予防接種についてまとめてご紹介します。

 

海外には日本では感染しないような病気やウイルスが多くあります。特にアジアやアフリカ諸国、南米を1ヶ月以上長期で訪れる場合は必ず予防接種を受けたほうが良いでしょう。

 

中には感染してしまうと100%死に至ってしまう病気や思い後遺症を残すような感染症もあります。

予防接種は義務ではありませんが、中には予防接種を受けなければ入国できないような国もありますので、訪れる国によっては事前の予防接種は必須だったりもします。

旅先での安心安全を買うという意味でも、渡航前に予防接種を受けることは必須と考えるべきです。

特に海外放浪など世界のあらゆる場所を長期で回る場合、折角楽しく海外を回れるはずが、病気によって強制帰国などになってしまったら本末転倒です。



予防接種の目的

海外渡航の予防接種の目的としては大きく二つあると言われています。

一つは入国時などに予防接種を要求する国や地域があるため、それらの国に入国するために必要だからです。

もう一つは海外で感染症にかからないように自分自身の体を守るためです。

 

入国に予防接種証明書(イエローカード)が必要

入国前に予防接種が必要な国としては、アフリカ諸国や南米諸国があり、黄熱の予防接種の証明書(通称イエローカード)が必要になります。

また黄熱の流行国から入国する時にイエローカードの提示が求められる国もあり、乗り継ぎの時に証明書が必要になる場合もあります。

 

ですので自身が訪れようと考えている国に事前のワクチン接種が必要かどうか、しっかり調べておきましょう。

 

自分への感染と二次感染を防ぐ

海外には日本にはない病気が多くありますし、日本でも感染の危険性はあるが海外の方が感染の危険性が高い病気があります。

予防接種によって全ての病気を防げるわけでは無いですが、 病気にかかるリスクを下げることが出来ます。

 

費用がかかるからと言って予防接種を受けずに海外放浪に行こうと考える方は、今一度考え直すことををお勧めします。

 


受けるべき予防接種の種類、回数

受けるべき予防接種の種類や回数は渡航先・渡航期間・年齢・健康状態・予防接種歴などによってそれぞれ異なります。

自分が訪れる国や地域の感染症情報などを収集するとともに、必要な予防接種について理解した上で受ける予防接種の種類を決める必要があります。

 

予防接種の種類によっては2回から3回の接種が必要なことや、2週間から1ヶ月間を空けて受ける必要があるものもありますので、なるべく早く情報収集をし、医療保険や検疫所で接種するワクチンの種類と接種日程を相談しましょう。

 

以下に主な病気に対応するワクチンの摂取が推奨されます。

 

■黄熱病(Yellow Fever)

  • 感染経路:やぶ蚊
  • 発症エリア:アフリカ・南米
  • 致死率:30%
  • 接種必要回数:1回
  • 有効期間:一生

 

■日本脳炎(Japanese Encephalitis

  • 感染経路:豚・野鳥を吸血した蚊
  • 発症エリア:アジア
  • 致死率:20~40%
  • 接種必要回数:1回
  • 有効期間:5年

※一度発症すると後遺症が残ることもある

 

■狂犬病(Rabies)

  • 感染経路:感染動物の唾液が体内に侵入
  • 発症エリア:ほぼ全ての地域
  • 致死率:100%
  • 接種必要回数:3回
  • 有効期間:一生

感染したら100%死ぬとか。恐ろしすぎますね。。。

■A型肝炎(Hepatitis A)

  • 感染経路:飲食物
  • 発症エリア:南アジア・アフリカ
  • 致死率:2~4%
  • 接種必要回数:1~2回
  • 有効期間:1回だと1年。2回で10~20年


■B型肝炎(Hepatitis B)

  • 感染経路:性交渉、血液接触
  • 発症エリア:ほぼ全ての地域
  • 致死率:2%
  • 接種必要回数:3回
  • 有効期間:一生


■破傷風(Tetanus)

  • 感染経路:傷口から感染
  • 発症エリア:ほぼ全ての地域
  • 致死率:30%
  • 接種必要回数:1回
  • 有効期間:10年

※幼少期に一度予防接種を受けている必要があります。

 1968年(昭和43年)から始まった3種混合ワクチン(ジフテリア、破傷風、百日せき)に含まれていますので、定期予防接種で破傷風・ジフテリアワクチンを12歳の時に受けていれば、20代前半位までは免疫があります。
その後は、1回の追加接種で10年間有効な免疫がつきます。


■ポリオ(Polio)

  • 感染経路:飛沫感染
  • 発症エリア:アフガニスタン・ナイジェリア
  • 致死率:15~30%
  • 接種必要回数:3回
  • 有効期間:一生


■腸チフス(Typhoid Fever)

  • 感染経路:飲食物
  • 発症エリア:アジア・アフリカ・南米
  • 致死率:1%
  • 接種必要回数:1回
  • 有効期間:3年

 

どこで予防接種が受けるのがお得か?

どこの病院でもワクチン接種できるわけではない

上記で紹介した病気のワクチンが全て摂取できる病院は結構限られています。2.3種類しかワクチンが無いことや、ワクチンの取り寄せに時間がかかるケースがあります。

そもそも予防接種を何種類も受けられる病院自体が少ないです。

 

金額も場所によって異なる

また上記に挙げたワクチンを全て接種しようと思うとそれなりの金額になりますし、病院によっても料金は一律ではありません。

ある病院では6000円ほどで受けられるワクチンが他の病院では1万円もかかるというケースもあります。

国内で海外放浪のための予防接種を受けるのであれば、予防接種の種類が豊富で経験も多い専門の病院か大きな病院で受けるのが推奨です。

 

東京近郊にお住まいの方におすすめなのが、国内の中で比較的料金の安い三軒茶屋の「ふたばクリニック」です。

ふたばクリニック

  • 住所:東京都世田谷区三軒茶屋2-8-11
  • アクセス:三軒茶屋駅から徒歩5分
  • 連絡先:TEL/03-3410-2700 メール/futaba@island.dti.ne.jp (海外渡航の際はメールでの事前相談があると良いようです)
  • 診療時間:午前9:00~12:30 午後16:00~18:30
  • 休診:水曜、土曜午後、日曜、祝日
  • URL:https://futaba-cl.com/

 

安く抑えるならタイの「スネークファーム」がおすすめ

「予防接種で10万円近くもかかってしまうのは高すぎる!安く抑える方法はないのか?」とお考えの方は、タイのバンコクにある「スネークファーム」がおすすめです。

タイは世界各国からバックパッカーが集まることもあってか、複数の予防接種がしっかり受けられる病院があり、日本人のバックパッカー達も結構利用しているそうです。

 

何より料金が日本と比べて格安で、日本で打つよりも何倍も安く費用を抑えることができます。

しかし当然英語でのやり取りが必要になるので、海外経験が少ない方や英語が堪能でない方は苦労するかもしれませんし、ワクチンを打って終わりですので、何かあった際のアフターフォローなどは期待できないでしょう。

 

まとめ

海外放浪には必須の予防接種。行先とスケジュールと予算との相談の上、必要なワクチンは必ず摂取した上で旅に出ましょう。