バンコクで印刷・コピーできる場所。タイ長距離鉄道のネット予約チケットを印刷してきたけどボッタクリかもしれない。

バンコクで印刷・コピーできる場所。タイ長距離鉄道のネット予約チケットを印刷してきたけどボッタクリかもしれない。

こんにちは。チリ毛(@chirigetravel)です。

 

この記事ではバンコク市内でPDFデータを印刷する方法についてご紹介します。

海外ではネット予約したチケットや撮影した写真、何かしらの大切なデータなどを印刷することが必要になることもたまにおこります。

日本ではコンビニに行けば10円やら5円やらで印刷ができますが、タイ・バンコクではそこまで手軽ではありません。

そんなバンコクでの印刷事情についてご紹介します。

 



長距離鉄道をネットで事前予約

バンコク滞在が始まって1週間。

予防接種もやったしそろそろ次の街にでも行こうかと思い、アユタヤ、チェンマイへの移動をすることにしました。

移動方法として選んだのは国が運営する鉄道。

理由はアユタヤまでは15バーツと安いことと、列車の旅のほうがなんだか旅っぽいなと思ったからです。

 

私はアユタヤからチェンマイへの長距離鉄道のチケットをネットで予約しました。

タイの国鉄は以下のサイトで予約する事ができます。

列車の時間も確認できますので、時刻表の確認だけでも便利です。

このサイトでアユタヤからチェンマイへの鉄道のチケットを予約して一安心。。。

 

と思ったら、何やらWEBページに不吉な文字が。

乗車時にはチケットが印刷されたものを持参ください」※確かこんなことが書かれてました。

 

 

マジっすか。印刷っすか。新たなミッションです。

ということで異国の地タイ・バンコクにてデータ印刷という新たなミッションがスタートしました。

 


印刷できる場所を調べてみた

とりあえずということで、自分が宿泊している宿で印刷できないか拙い英語で聞いてみることに

しかし結果はNG安宿にそんなサービスはねぇとのことでした。(勝手な脳内変換)

 

次はどこぞで印刷できるのだろうとネットサーフィンを開始。

ネットで探すと意外とすぐに情報が出てきました。

結構皆さん同じような課題にぶつかっているのですね。

 

調べてみたところ、どうやらセブンイレブンの特定の店舗や、プリントアウトをしてくれる会社に行かなければいけないようだ。

しかしプリントアウトしてくれるようない印刷屋の数がかなり少ない。。。

近場のセブンイレブンを数件回ったが、残念ながら見つけること叶わず、泣く泣く一番近いであろう印刷屋に行くことにしました。

 

ショッピングモール「S&Pサイアム パラゴン」で印刷

私が印刷した場所は、「S&Pサイアム パラゴン」という、とても巨大なショッピングセンターでした。

カオサンロードからおよそ4km、BTS(スカイトレイン)シアム駅が最寄り駅のショッピングモールです。

こんな感じの巨大ショッピングセンターです。

バンコクに来てからこんなでかい建物見ていなかったのでちょっと圧巻でした。

ちなみに周囲の建物はこんな感じで高層ビルが立ち並んでいます。

ボロ屋ばかりの旧市街地エリアから30分ほどしか離れていないと思うとなかなか衝撃です。

 

S&Pサイアム パラゴンに到着したら受付で念の為ヒアリング。

しかしなかなか伝わらない。おえそらく伝えたいことの3分の1も伝わらなかったでしょう。

純情な感情は空回りです。

自身の英語力のなさを呪います。

 

それでもなんとか3階で印刷できるらしいとの情報を聞き出し、3階へ移動。

そして印刷屋らしき店を発見します。

こちらの「ecoprint,biz」というお店に直撃レポート。印刷できるか確認したところ可能とのこと。

翌日にバンコクを発つ予定だったため、早速なので印刷を依頼することに。

 

ecoprint.bizでの驚きの印刷料金。ボッタクリか?

店先に立っていたお兄ちゃんに「ハウ マッチ?」と得意毛な英語で印刷料金を尋ねると、なんと驚きの料金「50バーツ(約180円)」を要求されました。

 

 

なんとボッタクリな。。。

日本ではうまい棒1本の値段のものが、タイでは1食をたべられる値段がすることに驚きです。

 

しかし翌日に出発を控えた私は少し焦っていました。

高いなぁ。と悪態をつきつつも、NOとは言えない日本人よろしく大人しく50バーツを支払い、印刷することに成功したのです。

 

※後日調査

後日気になって改めて調べてみたところ、同じ建物に「True Urban Park」というお店があり、こちらは20バーツで白黒印刷ができるとのこと。(2016年時点での情報)

 

またチケットセンターと呼ばれる場所もあるようで、そこでは無料でプリントアウト出来るようです。(泣)

 

まとめ

結果、ぼったくられていました。

やられました。ボッタクリには絶対に屈しないと心に決めていたにも関わらず、知らぬ間に敗北しているという情けない有様です。

やはり相場をしっかりと把握しておくことが重要ですね。

 

バンコク市内でPDFデータを印刷する方法についてご紹介しました。

まさかのプリント屋に敗北するとは思っていませんでした。

みなさんもぼったくられないように気をつけてください。