バンコクのコスパ最高の食事処、ショッピングモール「ターミナル21」の5階にあるフードコート「ピア21」をご紹介!

バンコクのコスパ最高の食事処、ショッピングモール「ターミナル21」の5階にあるフードコート「ピア21」をご紹介!

今回はバンコクのコスパ最高の食事処、ショッピングモール「ターミナル21」の5階にあるフードコート「ピア21」についてご紹介します。

 

「ターミナル21」はバンコク市内でも繁華街として位置づけられている「バトゥムワン地区」にある、巨大なショッピングモールです。

近くには有名な夜の街「Soi Cowboy」もあります。

「ターミナル」という名前がついている通り、このショッピングモールは空港をモチーフとしており、ある階は日本、ある階はサンフランシスコといったように、各階ごとに特定の国をテーマとした店舗が並んでいる作りになっています。

 

「バトゥムワン地区」はバンコクの中でも最も栄えている地域で、交通量も多く、高層ビルが立ち並んでいる様は、日本の渋谷を思わせるほどです。

 

そんな経済の中心地である場所で、コスパよくタイの食事が楽しめる「ピア21」の魅力について詳しくご紹介します。

 



価格がとにかく安い

まず何より特筆すべきが、食事の安さです。

「バトゥムワン地区」は経済が発展している地区であるからか、ショッピングをするにも食事を楽しむにもバンコクの中でも特に値段が高いエリアです。

旧市街地では50バーツ、60バーツで食べられる現地のタイ料理が、バトゥムワン地区では100バーツ、200バーツすることはザラにあります。

店舗の出店料を回収するためには仕方がないのでしょう。

 

しかし「ターミナル21」のフードコート「ピア21」では、話が違います。

フードコート内にある食事の殆どが旧市街地と同等の相場感か、もしくはそれ以上に安い値段で食べることが出来るのです。

 

旧市街での地元の料理の相場は、およそ40バーツから80バーツもあれば満足に食べることができますが、フードコートでも同じような価格帯で満足な食事を取ることができます。

中には28バーツの豚肉と青梗菜のあんかけなどもあります。

プリペイドカードにチャージをして食事を買うスタイルのフードコートですが、残ったチャージはしっかりと返金もしてくれますし、とても安心です。

 


食べられる種類が豊富

ピア21の様子

ピア21には30店舗ほどのお店が立ち並んでおり、どのお店も8つほどのメニューを用意しています。

バンコク内の有名店の店舗が入っていたり、タイでぜひとも食べておきたい現地料理を網羅できるほどの種類があります。

これだけの数から選ぶのは大変ですが、食べたいものを「選べる」という楽しさも、ピア21の魅力の一つでしょう。

 

味と量も申し分ない

安いからと言って味が悪かったり、量が少ないということもありません。

評判のフードコートだけあってどの店舗でも味も量も申し分なく高いレベルです。

 

ダックライス

 

塩ラーメン

大食らいな人であっても、100バーツもあれば十分にお腹いっぱいになるまで食事を楽しめることでしょう。

 

清潔な場所で食べられる

清潔な食事エリア

日本と比べてバンコクの食事で気になるのが、その不潔さでしょう。

特に安い食事を提供している屋台などは、場所によってはハエが多くいたり器や箸が汚れていたりと、きれい好きな方にとってはかなり気になるお店が多いです。

 

清潔にしているお店もありますが、そのような場所は稀ですし、総じて値段も高くなう傾向にあります。

 

しかしピア21は商業地区にある巨大で新しいショッピングモール内にあることもあり、とても清潔に保たれています。

そのため、きれい好きの人にとっても安心して食べられる場所になっています。

 

地元民にも観光客にも人気

ピア21はランチ時や夕食時になると多くの人で混雑するほどの人気があります。

混雑する時間帯は座る席を探すのに苦労するほどです。

 

訪れる人は外国人観光客だけではなく、地元の学生さんや家族連れ、サラリーマン風の人まで色んな人が訪れています。

観光地としても有名になっている場所のようですが、そのコストパフォーマンスの良さはバンコクの地元の人たちにも愛されて言う場所のようです。

 

まとめ

ショッピングモール「ターミナル21」の5階にあるフードコート「ピア21」についてご紹介しました。

バンコクでコスパ良く食事をするには特に押す勧めの場所です。

種類も豊富ですので3色ピア21で食べても一ヶ月は飽きずに食べることができるでしょう。

 

バンコクに行った際には是非訪れてみてはいかがでしょうか。