バンコクの清潔でおすすめのホテル「ミントホステル」に実際に泊まってみたので紹介する

バンコクの清潔でおすすめのホテル「ミントホステル」に実際に泊まってみたので紹介する

この記事ではバンコクの旧市街地にあるおすすめのホテル、「ミントホステル(Mint Hostle)」に実際に宿泊してきたので、その様子を紹介します。

 

ミントホステルはバンコク市内でも一つ星のホテルとして多くのホテル予約サイトにて紹介されています。

 

一つ星のホテルということだけあり、とても快適に過ごすことができました。

値段もお手頃ですので、とてもおすすめのホテルです。

 



予約サイトでの評価

今回はホテルの比較ができる2つのサイトで、「ミントホステル(Mint Hostle)」の評価を確認してみました。

スカイスキャナーでの評価

私がいつも使っている航空券とホテルの比較サイトです。

スカイスキャナーでは評価がされているホテルとされていないホテルとで分けられていて、「ミントホステル(Mint Hostle)」は残念ながら今の所評価はされていないようです。

 

Agoda

私が「ミントホステル(Mint Hostle)」を実際に予約したサイトです。

agodaでの評価は10点満点中7,5点(2019年1月現在)で、「すごく良い」との評価をされています。

口コミの中には、

  • お金を盗まれた!最低のホテルだ!
  • もっとお金を出して他のホテルに行くべきだ!

といった否定的な意見もありますが、概ね良好な評価が多いようです。

 

ホテルの場所

 

「ミントホステル(Mint Hostel)」の場所は、バンコクの旧市街地にあるカオサンロードから徒歩10分ほど北上した路地にあります。

大通りに面していないため、ホテル前の道路の交通量もほとんど無く、車の騒音も少なく空気が悪いと感じることもありません。

ホテルがある場所は「ミントホステル(Mint Hostel)」以外にも数多くの旅行者向けのホテルが立ち並んでおり、多くの外国人観光客をホテル周辺で見かける事ができます。

カオサンロードにも近い場所にあるため、夜遊びに出るのにもとても便利な立地です

 

ホテル内の様子

それではホテル内の様子をご紹介します。

「ミントホステル(Mint Hostel)」は4階建ての建物すべてがホテルとなっており、1階がエントランスと受付、シャワールーム、があり、2階から4階までが宿泊スペースになっています。

エントランス

「ミントホステル(Mint Hostel)」は1階がエントランスになっており、受付をする場所と椅子と机が並べたれており、作業をしたり食事をするのに最適なスペースになっています。

そのため多くの宿泊客がこのスペースでのんびり雑談をしたり夜にはお酒を飲んで交流を深めていたり、仕事をしている人も見かけます。

 

寝室・ベット

2階に上がると寝室となるドミトリーの部屋があります。2階は2部屋、3,4階は3部屋あり、ベット数も各部屋8~12ほどあるため、かなり数の宿泊客が泊まることができます。

私が宿泊したときは満室ということもなく、空いているベットも結構あったため、ゆったりと部屋を使うことができました。

 

しかしベットは少々狭く、身長が180cm以上あると別途から足がはみ出てしまうでしょう。

ベットの作りも金属製の2段ベッドで少し脆く、寝返りを打ったり上の別途の人が上り下りするとかなりきしみます。

ホテルの壁の作りも薄く、外の階段を上り下りする音が新室内まで響いてきますので、物音に敏感な人には少し眠りにくいかもしれません。

不安な場合は耳栓を持参するようにしましょう。

 

トイレ

トイレは各階に複数備え付けられており、毎日掃除がなされているので清潔感があります

トイレの紙も置いてあります。

しかしたまに切れている時がありますので、自分で準備するのはお忘れなく。

 

シャワー室

シャワー室は1階のみにあり、全部で4つついています。

シャワールームもトイレ同様清潔に保たれており、不快感を感じることは特にありません。

水圧も申し分なく、水圧が強いのが好みも人も問題ないでしょう。

 

ホテルの特徴

ここからは「ミントホステル(Mint Hostel)」の特徴についてご紹介します。

毎朝朝食がついている

地味に嬉しいのが、毎朝簡単にですが朝食がついてくることです。

出てくる食事はパンとバナナだけではありますが、制限などは特になく自由に食べることができます。

私は毎朝6枚のパンと4本のバナナを食べていました。

 

朝食の時間は朝の8時から11時までで、その間は自由に食べることができます。

朝食のパンとバナナ

 

エントランスでは水、コーヒが飲み放題

朝食なども出される1階のエントランススペースでは、飲料水とホットコーヒーが無料で飲むことができます。

飲料水もちゃんとコンビニなどで販売されているミネラルウォーターのようで、安心して飲むことができます。

 

コーヒーが飲み放題だったのは、エントランスに居着いてた私としては地味にポイント高いです。

 

エアコンがついており快適

寝室スペースはしっかりとエアコンが効いており、夕方から午前中にかけては常についています。

しかも温度設定も20度とかなり涼しめで、暑苦しいタイであっても寝苦しい思いをすることはありません。

 

若干寒いくらいですので、上着があると安心でしょう。

 

無線Wi-Fiはとても良好

現代人のホテル住まいにとってとても重要なのがWi-Fi環境です。

「ミントホステル(Mint Hostel)」のWi-Fiはとても快適で、通信速度や繋がりやすさも特に不満を覚えることもありませんでした。

 

Youtubeなどで動画をみても何ら問題ないです。

 

大きい荷物が収納できる鍵付きロッカーはない

「ミントホステル(Mint Hostel)」には貴重品や電子機器などの小物を入れておける貴重品ボックスはあるものの、大型のバックパックなどを入れておける鍵付きの収納スペースはありません。

鍵付きの貴重品入れ

 

そのため、大型のバックは1階にある荷物棚に置くか、別途の近くにおいておくしかありません。

 

荷物置き場と下駄箱

 

盗難が心配なものは、鍵付きのロッカーにしっかりと収納しましょう。

ホテルの値段

ホテルの値段は時期や予約方法によって誤差が生じますが、おおよそ1泊500円位から泊まることが可能です。

連泊サービスや割引などをうまく使えば300円台からの宿泊もできます。

 

サービスと環境を考えれば、かなり安い値段で、コスパは良いと言えるでしょう。

まとめ

「ミントホステル(Mint Hostel)」というバンコクのホテルについてご紹介しました。

環境やサービスは申し分なく良いですし、値段もお手頃です。

かなりコストパフォーマンスの良いホテルであると言えるでしょう。

 

カオサン周辺の宿としてはかなりおすすめですので、近くの宿泊所で迷っているのであば、一度泊まってみってはいかがでしょうか。