話題のeSIMとはどんなサービス?その特徴やメリット、今後の普及の見通しについて解説!

話題のeSIMとはどんなサービス?その特徴やメリット、今後の普及の見通しについて解説!

今回は最近チラホラと聞くようになってきた「eSIM」についてご紹介したいと思います。

SIMは大抵の人がご存知かとは思いますが、アイフォンを代表とするスマートフォンが、Wi-Fiがないところでも通信ができるようにしたり電話をするために、スマートフォンに埋め込まれている小さなチップです。

SIMはスマートフォンを携帯電話として成り立たせるために必要不可欠なものです。

 

今回は、SIMは聞いたことあるけど、eSIMってどんなもの?といった疑問をお持ちの方に向けて、

・eSIMってなに?

・どんなメリットがあるの?

・どこで使えるの?

・これから広がっていくの?

といった疑問を解決していきたいと思います。

 

まずかんたんに結論を言ってしまうと、

eSIMが使えるようになることで、これまであったNTTやソフトバンク、auといったキャリアに縛られることがなくなり、海外で新しくSIMを買う必要もなくなるなど、これまでよりも便利な社会になることは間違いないでしょう。

 

では、詳しくご紹介していきます。

 



eSIMとは?その特徴

eSIMとはEmbedded Subscriber Identity Module(eSIM)の略称です。

直訳すると「組み込み型加入者識別モジュール」となります。

SIMという言葉多くの人がきいたことがあるでしょうが、スマホなどに差し込まれている小型のチップのようなものを指します。

 

そして「eSIM」その最大の特徴はSIMカードを物理的に差し替える必要なしに、通信事業者の切り替えが可能になるという点にあります。

つまり、これまでの日本でキャリアを乗り換えるという時には、必ずSIMも一緒に新しいものにしなければいけなかった(ちょっと前まではスマートフォン本体も変える必要があった)のが、新しいSIMにしなくてもキャリアを乗り換える事ができる技術であるということです。

※残念ながらまだ日本の携帯キャリアでは採用されていませんが。

 

普通のSIMとどう違うのか

スマートフォン等の通信機能を持つ端末には、SIMカードを内蔵し、契約者情報を特定した上で通信を行う必要があります。

(日本ではSIMカードは通信事業者が管理するよう定められており、デバイスメーカーや一般消費者に貸与という形で渡されます。)

これらの縛りが携帯会社を替える際に手続きが非常に面倒になっている一員ではあるのですが、今は細かいことは省きます。(笑)

 

そして従来のSIMカードには、予め契約者情報が書き込まれています

契約者情報がSIMカードごとに固定化されている為、従来型のSIMカードの場合、通信事業者を変更する際にはSIMの差し替えが必要になります。

しかし、eSIMでは遠隔から契約者情報の書き換えを行うことが出来る為、物理的にSIMカードを差し替えることなく複数の通信事業者のサービスを享受することが出来るのです。

eSIMの仕組みを簡単に図式化したものが以下です。

引用元:EY総合研究所

 

eSIMは海外旅行などで便利

上記のメリットだけでも、物理的なSIMの入れ替えが今後不要になる技術ですが、国内では一部でした利用されておらず、浸透しているとは言い難い状況です。

 

現時点でその利便性を享受できる代表的な例としては、世界中を飛び回るような海外旅行の際です。

最近では、SIMフリーの端末を利用して、Wi-Fiではなく、現地の空港でプリペイド型のSIMを買って、短期間のインターネット通信を楽しむ人が増えてきています。

それでも十分に便利な世の中になってきたと言えますが、eSIMの端末であれば、そもそも空港でSIMを買うひと手間が必要なくなります。

海外を飛び回る人にとってはこれほど楽なことはありません。

 

実際に私が海外放浪をしていた際は、eSIM利用して快適なデータ通信環境が整っていました。

私が利用した商品は具体的には「AIRSIM」と「Vodafone SIM」です。


AIRSIM・世界データSIMカード (残高10米ドル)

 


Vodafone イギリス他ヨーロッパ各国対応 500MB*10日チャージ済み 500MB*10日間もしくは10回繰返利用可能

 

どちらも国を移動しても一つの新しいSIMを買うことなく、スマホ上の手続きだけで新しい国でもネットが使えてしまうのはとても便利でした。(スマホ上での操作に最初は少し戸惑いましたが。)

提供している楷書によって利用料や得意な地域が若干ことなるようで、「AIRSIM」はアジア地域の料金が安く、「Vodafone SIM」はヨーロッパ諸国での利用料金が安い価格設定になっているようです。

 

 

但し、現在の所、こうしたスタイルでの利用は必ずしも全ての通信事業者で有効なわけではなく、あくまで将来的な利便性に期待です。

※現在のeSIMはデータ通信専用という所も大きな注意点です。いずれ電話にも対応していくことで更に広がっていくことが予想されますが、現時点ではまだその段階ではないでしょう。

 

eSIMの今後の展望予測

eSIMは元々IoTソリューション向けに開発がすすめられたものですが、今後は一般消費者の使用するデバイスにも利用されていくものと予想されています。

実際に、eSIMは今後拡大する見通しであり、特にここからの数年間で従来型のSIMにも劣らない存在感を発揮していくと言われています。

その根拠とも言うべき統計として以下の図があります。

<出所:https://www.workz.com/esim-impact-on-operators/

濃青:eSIMのマーケット/薄青:従来のSIMのマーケット

 

上記グラフによると、現在全体のSIM市場においてeSIMの規模は1割ほどしかないものが徐々に拡大し、2022年には市場全体の4割を占めるようになると予測されているのです。

SIM自体の市場も今後さらに拡大していくことが予想できますので、eSIMが世間のスタンダードになる日もいずれ訪れるかもしれません。

 

まとめ

「eSIM」とはどんなものなかの、現状と今後の広がりについてご紹介しました、

・取り扱っている通信業者が限定的

・通話はできない

などなどの課題はまだありますが、新しい技術としてより一層スマホを使いやすいものにしてくれるであろうと期待が持てます。

現時点では日本でも使うことができますが、格安SIMと比べると少々値段が高いこともあり、直近では頻繁に海外へ渡航する人を中心に広まっていくでしょう。

 

コストや通話の面が改善されることで、更に広がっていくと予想されますので、今後の発展に注目です。