Amazon Audibleを体験した感想と、感じたメリット・デメリットを紹介

Amazon Audibleを体験した感想と、感じたメリット・デメリットを紹介

こんにちは。チリ毛(@chirigetravel)です。

この記事ではAMAZON社が提供している「Amazon Audible」というサービスを使ってみたので、

  • 使ってみた感想・体験談
  • 料金システム
  • 感想
  • 「Amazon Audible」のサービス内容
  • メリット・デメリット

などについて紹介したいと思います。

 



Amazon Audibleとはどんなサービスか

Amazon Audible」とは、Amazon社が提供している「聴く」読書サービスです。

いわゆるオーディオブックと呼ばれるサービスですね。

日本語と英語の書籍があり、それぞれ日本語本:約12万冊、英語本:約35万冊が登録されており、好きな本を購入することで視聴する事ができます。

様々な書籍をナレーターや声優などの声のプロと呼べる職業の方々が朗読してくれるため、非常に聴きやすい内容になっています。

 

サービスの概要について以下にてまとめています。

サービス名/提供会社 Audible(オーディブル)/アマゾン
作品数 日本語:約1.2万冊/英語:約35万冊
視聴方法 PCからのストリーミング再生/iOS・android・windows10の専用アプリにダウンロードして再生
料金 月間1500円でどんな本でも1冊ダウンロード可能。月内の追加購入は30%引きで購入できる
購入方法 AudibleサイトもしくはAmazonサイトにて、クレジットカードで購入
お試し期間 登録から30日間の無料体験あり

 

オーディオブックとは?

Amazon Audible」のようなサービスは特に珍しいものでもなく、「オーディオブック」と呼ばれ、英語学習のジャンルなどを中心に古くからビジネスとして存在していたものです。

 

現在ではコンテンツ販売プラットフォームである「note」や、他の競合サービスとして「audiobook.jp」「kikubun」などがあり、一定のユーザを抱えています。

それぞれのサービスによって小説が多い、実用書が多いなどの特色があるようですが、「Amazon Audible」は様々なジャンルの書籍をバランスよく販売しています。

 

料金体系

Amazon Audible」の料金体系は月額1,500円を支払うことで毎月1冊の本を読むことができます。

それ以上の本を読みたい(聴きたい)場合は、別途オーディオブック分の料金を支払うという形になっています。

単体購入の場合の書籍料金は3,000円近くするものもあり、割と高めです。

 

しかし「Amazon Audible」内での料金体系の情報だけだと、とてもわかりにくい。

そこで以下にルールと注意事項をまとめました。

 

■「Amazon Audible」の購入ルール

  • 月額1,500円
  • 会員期間中、「コイン」を毎月1枚もらえる
  • コイン1枚は好きな作品1本と交換できる
  • 使わなかったコインは次月以降に持ち越し
  • 作品を返品すればコインが戻る(レンタルと考えれば良い)
  • コインを消費せずに追加購入してもOK(30%割引)

 

ここだけ見ると月を増すほどにレンタルできるオーディオブックが増えていくサービスのように感じますが、以下の注意点があります。

■「Amazon Audible」の注意点

  • 返品は作品購入後365日以内
  • コインの有効期限は、もらってから6ヶ月以内
  • 書籍を返品したらコインは戻り、再び6ヶ月の有効期限を持つ
  • 退会すると未使用コインは失効する
  • 返品が多いと制限が出てくる(回数が増えると返品手続きにコールセンターへの連絡が必要になるだけで、返品不可になるわけではない

ややこしくはありますが、慣れてくれば何とかなります。

 

使ってみて感じたメリット

ここからは「Amazon Audible」を利用してみて感じたメリットについてご紹介していきます。

内容が理解しやすい

これはオーディオブックへの相性や好みによるところがあるかもしれませんが、耳で聴く読書は、「意外と頭に入ってきて」「体系的に整理しやすく」「記憶にも残るので非常に良い」と感じました。

耳で音声を聞きながら目で画面を見てメモも取るインプット方法を取ることで、聞き流しではなく整理しながら聞くことができました

目と耳の複数の手段を使ったインプット手法だから、通常の読書よりも一度で深い理解ができたように思います。

 

また意外な事に、読書では常にやってしまう返り読みや線を引くという行為ができませんが、あまり気になりませんでした。(メモを取っていたからかもしれませんが)

 

「ながら」で読書ができる

オーディオブック最大の特徴が、本格的な読書ができないようなときでも、他のことをやりながら「ながら」で読書ができる点にあります。

帰宅途中やジムで汗を流している時、家事をしながら等、通常本を読むことのできないタイミングでの読書が可能になるため、インプット量が格段に増やすことができます。

私の場合、Audibleを使用することで部屋の掃除が捗り、気づいたら部屋が綺麗になっていました。

車を運転することが多い人であれば、ドライブ中に聞くのも良いでしょう。

 

読了時間ですが、

が再生時間でした。

早送りでの再生も可能で、通常スピードはとても遅いので私は1.5倍速〜2倍速で聞いていました。(※Max3.5倍速まであります)

よってそれぞれ約2〜4時間程度で読了できました。

オーディオブックって長いし時間もったいないな〜、と思っていましたが隙間時間を活用するので時間を消費しているような印象は全く無く、むしろ時短テクの1つだと感じております。

 

また、オーディオブックの有効な使い方としては、集中して1回聞くよりも、ながらでも何度もくり返し聞くことです。

くり返し聞くことで本の内容が脳に定着しやすく、かつ一度では気づけなかったことも何度も聞くうちに新しい発見として気づきが得られるのです。

 

使ってみて感じたデメリット

ここからは「Amazon Audible」に感じるデメリットやマイナス点についてご紹介します。

少し割高感がある

やはり月額1500円というコストが、普通に本を購入するよりも割高に感じます。

聞き終わった書籍を返却することで新しい書籍を購入(レンタル)できますが、その手間を面倒に感じてしまうと単純に月々1,500円で1冊のオーディオブックを購入できるサービスです。

これを高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれでしょうが、返却のサービスを使わないと若干割高感を感じる人が多いでしょう。

 

品揃えがやや物足りない

現在12,000冊以上の品揃えがある状況ですが、最新の人気書籍はあまり取り揃えが良いとは言えない状況です。

その中でも書籍の状況を簡単に紹介すると、

・Daigo、ホリエモン等の薄めのビジネス書がランキング上位を占めている

・小説の品揃えはかなり豊富で

・司馬遼太郎シリーズは残念ながらほとんどない

・ビジネス古典系(カーネギー博士シリーズ等)は大体揃っている

といった状況です。

 

無料体験もできるようになっていますので、そこから一度ラインナップを見て興味が惹かれる作品があれば契約すれば良いと思います。

 

まとめ

今回は「Amazon Audible」についてご紹介しました。

本サービスは最初の一ヶ月間は無料体験としてサービスが利用でき、そこでサービスに満足できれば正式に入会という流れになっていますので、まずは自分に合うかどうか体験してみてはいかがでしょうか。

無料体験申し込みはこちらから可能です。

 

いくつかデメリットもありますが「ながら」時間を活用しインプットする手段としては非常に有効だと感じました。

オーディオに抵抗がある方も一度読んだ本の読みなおしなどで有効活用できるのではないでしょうか。