「小説家になろう」人気ランキング上位のおすすめ作品を13選をまとめて紹介!

「小説家になろう」人気ランキング上位のおすすめ作品を13選をまとめて紹介!

こんにちは。チリ毛(@chirigetravel)です。

この記事では「小説家になろう-みんなのための小説投稿サイト」に投稿されている作品の中でも、数年に渡り数多の作品を読み漁ってきた私が、特におすすめする作品をご紹介します。

 

投稿された小説は「小説を読もう!」でランキング化されており、数万作品の小説が無料で読めるオンライン小説サイト/ケータイ小説サイトになっています。

そんな数ある作品の中でも特に面白くおすすめできる作品をご紹介します。

目次


なろう小説の魅力

まずはじめに「小説投稿サイト 小説家になろう」の全体的な魅力についてご紹介します。

ジャンルが豊富

ジャンルもファンタジーから恋愛、日常ものなど様々な作品が取り揃えられており、好みに合わせて数多くの小説を楽しむことが出来ます。

 

ページ冒頭に小説がどのような作品なのか簡単に紹介されており、ひと目見ただけで自分の好みのジャンルの作品かどうか判断することが出来ます。

無料で読める

なんと言ってもすべての作品が無料で最初から最後まで読める点が素晴らしいです。

 

投稿されている作品数は60万作品を超えており、あなたの好みに合う作品がきっと見つかるはずですし、無料で楽しめる暇つぶしにはもってこいのWEBサイトと言えるでしょう。

漫画化や書籍化、アニメ化されている作品も多数

作品数も膨大なこともあり、投稿されている作品のファンも非常に多く存在します。

 

投稿されている作品の中で特に人気の作品は、漫画化や小説化されているほどのものも多くあり、一般の書店にも置かれるになってきています。

それだけ本サイトで紹介されている作品の中には良い作品が多いことを示していると言えるでしょう。

投稿されている作品は若者向けのいわゆるライトノベル(ラノベ)と呼ばれるものも多く、肩肘張らずに気軽に読めるため、スキマ時間にちょこちょこ読むのにも向いています。

 

一方で長期間更新されずに完結しないまま放置されてしまっている作品も多数ある点は少し残念な点ではあります。

 

 

それではここから私がおすすめする作品をご紹介していきます。

田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~

この作品の魅力は何と言っても卓越した文章表現と奇抜なストーリーの面白さにあります。

特に男性であればほぼ間違いなく本作の文章表現の巧みさに笑ってしまうこと間違いありません。

 

数多くの作品を読んできましたが、最も笑った作品であることは間違いありません。

笑いに特化したギャグ小説と言っても過言ではありません。

 

本屋においてあるベストセラー作品を読むよりも、人を笑わすための文章表現を学ぶには、うってつけの作品です。

圧倒的かつ独特な下ネタ&不細工ディスりの言葉の数々

「田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~」の面白さは、なんと言ってもその圧倒的な文章表現の面白さにあります。

内容はコメディのため物語としての面白さはそれなりですが、主人公を中心とした登場人物の思考回路を表現する言葉使いが圧倒的に面白いです。

 

そしてどんな場面であっても必ず下ネタを絡めてきます。

軽い下ネタから重たい下ネタまで、それはそれは多種多様な下ネタが登場します。

ここまで下ネタの文章表現が見事な作品は始めてみました。

 

また主人公が圧倒的な不細工という設定もあり、主人公のブサイクさに対する辛辣な表現も、下ネタに並ぶべく面白さがあります。

終始下ネタづくしのエロコメディ

「田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~」はテーマとしては異世界転生した主人公がチート能力で大活躍していく、一般的なラノベ小説と同じテーマなのですが、それらとは一線を画す文章表現により見事に下ネタ満載の面白い内容になっています。

 

童貞・不細工・30代後半・処女厨・イケメンは正義という主人公の残念すぎる特性が、悲しいほどに思考が卑猥になってしまう描写がなんとも言えません。

それでいて表面的には紳士系ナイスガイを演じているあたりのギャップも笑いを誘います。

 

どんな話の流れでも必ずしもネタを挟んでくるのその文章表現は正直脱帽です。

とても勉強になります。

全男子必見の作品と言えると思います。

ぜひ読んで頂きたいです。

別タイトルで書籍化・漫画家している

「田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~」は「マイクロマガジン社」より小説とマンガが出版されています

書籍化に伴って題名が、

「田中〜年齢イコール彼女いない歴の魔法使い〜」

と変更になっています。

ぶっちゃけアトリエ要素も錬金術要素もめっちゃ薄いですからね。笑

 

小説は現在8巻まで出版、マンガは3巻まで出版されています。

■小説家になろう

田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~

■漫画はこちらから


田中~年齢イコール彼女いない歴の魔法使い~ 1 (GCノベルズ)

■小説こちらから


田中~年齢イコール彼女いない歴の魔法使い~ 1-8巻 新品セット (クーポン「BOOKSET」入力で+3%ポイント)

 

陰の実力者になりたくて!

中二病炸裂の王道ファンタジーコメディーといった盛りだくさんの作品です。

お手軽に読めるコメディ作品ですので、頭を休めたいときなどにおすすめです。

作品はまだまだ連載が続いていくことが予想されますので、今後の展開も楽しみの作品です。

定番の主人公最強モノ

「陰の実力者になりたくて!」は小説家になろうでは多く扱われる主人公が圧倒的に最強すぎるタイプの作品です。

 

また一応転生モノではあるのですが、現代知識とか駆使して成り上がっていくタイプではなく、純粋に魔法と武力の力で俺TUEEEEEEを体現する存在を目指していくスタイルです。

転生とか修行、戦闘シーンなどのライトノベルにありがちな描写は少なめで、普段はモブキャラを演じつつ常に「どうすれば格好良いか」ということを念頭に行動する中二病を発動しながら、活動していたら問題が解決されていた、といったテイストで話が進むコメディ調の主人公最強物語です。

 

主人公は格好良いことに強烈に憧れる主人公で、格好良くあるためにどうしたら良いかということを考え抜いた結果、普段はモブキャラだが実はめっちゃ強いという「影の実力者」が一番格好良いということに行き着き、影の実力者を目指し日々行動しています。

勘違いコメディ

「陰の実力者になりたくて!」で面白いのは、主人公は「かっこいいこと」へのあこがれだけで生きており、それ以外は適当。

なのに周りは真剣で、だけどひたすら勘違いしまくりながら、お互いになんかズレているのに、最終的には偶然も重なりなんやかんやうまいことまとまっていく。

主人公本人は「いかに格好良く振る舞うか」と「普段はいかにモブキャラっぽく居るか」という二点に全力を注ぎ、それだけのために生きている。

そんな作品です。

 

主人公と周囲の考えや行動のズレの描写や物語の進め方が良く出来ており、読んでいると思わずニヤッとしてしまいます。

お笑い芸人であるオードリーが得意とする、上質なズレ漫才を見ているような感覚です。

最高の中二病感

「陰の実力者になりたくて!」は主人公が最高に中二病極まった性格をしており、自分が気に入った中二病設定である影の実力者プレイを全力で楽しんでる描写が、なんとも言えない世界観を作り出しています。

 

中二病。

それはかっこいいことに無駄に憧れてしまう病。

それは世界の全男子が通る道であり、ほとんどの人は何かしらの理由で現実を思い知らされ、中二病を卒業していきます。

 

この作品はそんな懐かしの中二病を思い起こさせてくれる、全男子必見のコメディ作品と言えるでしょう。

作品リンク

■小説家になろう

陰の実力者になりたくて!

■小説


陰の実力者になりたくて! 01

モンスターがあふれる世界になったので、好きに生きたいと思います

この作品は現実世界にファンタジーの要素が組み込まれるジャンルの作品で、舞台は現代日本でありながら、魔法などの特殊能力を突如として身につけることが世界になり、街にはモンスターが溢れかえってしまう。

そんな現実世界がいきなり変貌を遂げる中、主人公は偶然手にした成長チート能力で異世界と化した日本をなんとかして生き残っていく姿を描いた作品です。

現代日本がバトルファンタジー化

「モンスターがあふれる世界になったので、好きに生きたいと思います」は主人公が異世界に転生する、いわゆるハイファンタジーというジャンルではなく、現代日本を舞台にファンタジーが繰り広げられるローファンタジーというジャンルの作品です。

 

場所は現代日本なのにRPGのようなレベルやスキルと言ったシステムが加わり、現代にある武器や道具と、ファンタジーならではの特殊能力を駆使して突如現れたモンスターたちを倒していきます。

男子なら誰もが一度は夢見たことがあるような設定の世界観に中二心をくすぐられます。

様々な職業に応じたスキル

「モンスターがあふれる世界になったので、好きに生きたいと思います」は現代日本を舞台にしていることもあり、日本によくある職業から特殊な職業まで多種多様にあり、それぞれの職業に即したスキルが得られるという設定になっています。

そのため登場するキャラクターの職業もそれぞれ際立っており、異世界に転生するようなファンタジー小説とはまた違った面白さがあります。

 

また文章もとても分かりやすく書かれており、多種多様な職業やスキルも簡潔にわかりやすくまとめられているため、非常に読みやすい内容になっています。

現代日本ならではの戦闘方法

「モンスターがあふれる世界になったので、好きに生きたいと思います」でまた面白いのが、現代ならではの道具を使った戦い方です。

 

主人公は物語の序盤からとにかく質量の多い道具を駆使した戦略で戦います。

それは冷蔵庫に始まり車、自動販売機、テトラポットなど、とにかく重い物体をモンスターにぶつけるという剣と魔法のファンタジーには似つかわしくない戦術でモンスターを倒していく様はシュールでありながらも面白いです。

主人公はチート能力だけど徐々に強くなるタイプ

「モンスターがあふれる世界になったので、好きに生きたいと思います」の主人公はいわゆる「成長チート」というやつです。

最初は普通の人と何ら変わらない強さでとても苦労しますが、圧倒的な速さで成長していき、周囲とは一線を画した強さになります。

 

そして主人公は社畜&ニート体質で若干のコミュ障といった、周囲と積極的に関わり合いを持たない人柄ということもあり、ファンタジーにありがちな英雄譚というわけではのが、また斬新で面白い要素になっています。

小説化・漫画化されている

「モンスターがあふれる世界になったので、好きに生きたいと思います」は「GAノベル」より書籍化もされています。

また「マンガUP」と「ガンガンオンライン」にてマンガ連載もされており、これから更に人気が出てくる小説になるでしょう。

 

小説家になろうサイト内でも、日間、週間、月間、四半期、年間ランキング1位を総なめにした作品でもあり、非常に人気の高い作品となっています。

■小説家になろうはこちらから

モンスターがあふれる世界になったので、好きに生きたいと思います

■漫画はこちら


モンスターがあふれる世界になったので、好きに生きたいと思います ライトノベル 1-2巻セット

■小説はこちら


モンスターがあふれる世界になったので、好きに生きたいと思います (GAノベル)

 

ありふれた職業で世界最強

小説家になろう累計ランキングで長期間上位に位置する人気作品です。

個人的には物語の最後の終わり方が一番好きな作品です。

主人公の闇落ちからの最強

本作品は学校1クラス丸々の転生もので、転生されたクラスの中で主人公は最弱という所から始まります。

今となってはありがちといえばありがちな設定ですが、それの先駆けと言える作品でしょう。

 

そして最弱ゆえに一緒に転移してきたクラスメイトによって窮地に立たされてしまうが、偶然と本人の努力、圧倒的激情により最強に成り上がっていくスト-リー展開です。

 

言うなれば「NARUTO」系の作品と言えるでしょう。

 

違う点と言えば当初は素直で大人しい主人公が、クラスメイトの裏切りや過酷な環境で生き抜くために、闇落ちしたうえで最強へとなっていく点でしょうか。

 

NARUTOのサスケが主人公的な雰囲気ですね。

漫画「NARUTO」より

極限の状態で強くなっていく序盤の描写が生々しく描かれており、ダークヒーロー系の主人公への感情移入がとてもしやすいのが本作の魅力です。

 

闇落ち系主人公。格好いいっすよね。憧れます。

厨二病感のある青臭い青春物語

闇落ち主人公ということもあり、中二病の私には大好物の作風になっています。

そして最弱から最強にのし上がっていきながら、これまで蔑ろにされてきた周囲の人々を俺TUEEEE!で見返していくのは、皆が大好きな人生の逆転物語を彷彿とさせます。

 

また「友情や仲間とは何か?」といった青春感のある内容や、家族や親子の絆などのほっこりする内容も描かれており、青春を忘れた大人たちに、「家族の暖かさ」や「友情とは何か」ということについても、改めて考えさせられます。

 

おっさんとなってしまった寂しい心を持つ大人たちにも、若かった頃の心の熱さを思い出させ、なんだか明日も頑張ろうかなという気持ちにさせてくれる。

そんな作品です。

物語の結末が綺麗

本作品は本編は完結済みであるため、これから読み始める人も途中で終わる心配もなく安心して読んでいただける作品です。

 

そして物語の最後の締め方がとても綺麗で、読み終わった後にはとても心地よい充実感に満たされます。

まさに良質な小説を読んだあとの得も言えぬ満足感を感じられます

 

終わり方としては主人公とヒロインのハッピーエンドです。

ヒロインが物語冒頭から抱え続けていた心の傷をしっかりと癒やしてた上で、主人公・ヒロイン・周囲の登場人物皆がある程度満足の行く形で終わります。

 

その際の描写がとても感動的ですし、終わり方もとても綺麗にまとめられています。

要所に織り込まれているコメディテイスト

基本的にはシリアス展開の作品ですが、要所要所にコメディネタが盛り込まれています

そのため飽きずに読み進めることができます

 

以下の映画のネタを知った上で読むと、なお楽しめると思うので、事前に見ておくのがおすすめです。

フルメタルジャケット【字幕版】荒ぶるハートマン軍曹

ハートマン軍曹の訳がエグいです。

魅力あふれる登場人物

「小説家になろう」の作品の中には、主人公の頭が悪すぎたり勘違い系過ぎて、

「なんでやねん。もっと、こう、他にあるだろ!」ともやもやしたり、

周囲のキャラクターがクソ野郎過ぎて胸糞な思いをすることがあります。

 

しかし本作に登場する人物は、主人公やその他の登場人物それぞれに信念や理解できる事情がしっかりと描かれているので、読んでいて無意味に嫌な気持ちになることもありません。(序盤に主人公が理不尽に追い詰められるシーンは少し胸糞かもしれませんが)

アニメ化まで予定されている作品

本作品は「オーバーラップ文庫」より書籍としても出版されており、シリーズ累計120万部を突破している人気作品です。

 

またWEBコミック配信サイトである「コミックガルド」では漫画も連載中であり、「ガルドコミックス」より現在4巻まで発売されています。

 

更に2019年にはアニメ化も予定されており、とても人気と勢いのある作品であると言えます。

 

■漫画はこちら


ありふれた職業で世界最強 1 (ガルドコミックス)

■小説はこちら


ありふれた職業で世界最強 1-9巻 新品セット (クーポン「BOOKSET」入力で+3%ポイント)

 

蜘蛛ですが、なにか?

この作品もライトノベルでは定番の異世界転生ものですが、一風変わっているのが「異世界の蜘蛛のモンスターに転生する」という点。

人間に転生してモンスターを狩り、俺TUEEEEを発揮する作品は数あれど、人間に狩られる側のモンスターに転生するという設定は珍しく、それだけでもよくあるラノベとは違ったストーリーを楽しめます。

圧倒的精神力が読んでいて気持ち良い

「蜘蛛ですが、なにか?」はなんと言ってもどんな不遇な状況であってもなんとか生き抜こうとする、諦めという言葉を知らない主人公の立ち振舞が、読んでいてとても気持ちの良いものがあります。

 

元人間がいきなり蜘蛛に転生してしまう。

しかもその蜘蛛は最弱の部類に属しているという圧倒的ハードモードからのスタート

何度も死にかけますが、それでも何とか自分の特技を生かして生きていく様には、何事も諦めてしまいがちな現代社会の若者は見習うべき姿勢だと思います。

 

どんな困難にであっても解決策を見出し、鋼の精神力で立ち向かっていく。しかも重っ苦しさは微塵も感じさせない快活な様も見ていて気持ちが良いです。

主人公の性格としては満点と言えるでしょう。

コミカルなノリとツッコミでテンポ良く読める

メンタル最強主人公を中心に物語が進みますので、軽くコミカルなノリとツッコミを主体とした語り口で物語は進行していきます。

つまりコメディ調が中心の作品です。

(たまに若干シリアスな場面もありますが)

 

基本的には主人公主観での話が書かれており、どんなことでも主人公の最強メンタルを通したポジティブさが全面に出ているため、テンポよくサクサクと読み進めることが出来ます

 

若干スキルなどの表記が複雑ではありますが、あまり細かく気にしなくても十分に楽しめます。

 

徐々に最強になっていく物語

「蜘蛛ですが、なにか?」は典型的な最弱生物が、強敵を倒していきながら徐々に成長していき、気がつけば最強という、まんまドラゴンボール的な流れの作品です。

漫画「DRAGONBALL」より

 

いわゆる王道モノの作品と言える内容であり、どんどんと成長していく主人公は見ていて楽しいものがあります。

 

コメディ要素が入っている点も、初期のドラゴンボールの作風に似ている点でもあります。


Dragonball LANDMARK 少年編〜フリーザ編 (ドラゴンボール完全版公式ガイド) (ジャンプコミックス)

作品リンク

「蜘蛛ですが、なにか?」は、『このライトノベルがすごい!』2017年版で単行本・ノベルズ部門第3位、2018年版で同部門第2位。第9巻発売時点で、シリーズ累計発行部数120万部超の人気作品です。

 

■小説家になろう

蜘蛛ですが、なにか?

■漫画


蜘蛛ですが、なにか? [コミック] 1-6巻 新品セット (クーポン「BOOKSET」入力で+3%ポイント)

■小説


蜘蛛ですが、なにか? 単行本1-10巻セット

「カドカワBOOKS」より書籍化されており、10巻まで発売されています。

■アニメ

現在アニメの制作が進んでおり、アニメ化企画進行中PVが公開されています。

 

無職転生 異世界行ったら本気出す

堂々の累計ランキング首位作品

「無職転生 - 異世界行ったら本気だす -」は2013年10月から現在まで小説家になろう累計ランキング1位を維持している化物作品です。

2019年1月から始まった「転生したらスライムだった件」のアニメ化2期の影響もあってか、現在は1位は明け渡しているものの、長年首位を独走し続けていた作品です。

 

いわゆる典型的な移籍転生モノの作品であり、その代表例と言っても良い作品でしょう。

現代人が異世界に転生して生きるる作品は数多くありますが、その入門書として非常に読みやすい作品になっています。

主人公の成長物語

小説家になろうのファンタジーラノベによくあるのが、「主人公が最初からとにかく最強で無双しまくる」というものがあります。

それはそれで読んでいて爽快感があり良いのですが、本作の主人公は強者ではあるものの、他にいるチートキャラには敵わず、負けたり挫折しながらもどうにか問題を解決していく流れで物語が進みます。

 

いわゆるワンピースやドラゴンボールのような主人公成長物語を楽しむことが出来る内容です。


ワンピース ONE PIECE コミック 1-92巻セット

しっかり描かれた読みやすい物語

主人公の幼少期が描かれる物語の序盤はのほほん系のテイストで話が進み、物語の3章終盤に起きる事件をきっかけに話が大きく発展していきます。

そして終盤になるにつれて主人公の転生の秘密や物語の裏側でうごめく黒幕の真意などが徐々に明かされていく流れなどがよく描かれており、物語の完成度として非常に高い内容になっています。

 

無料にも関わらず非常にしっかりとした話が展開されますので、中盤から後半にかけてどんどんと面白く感じることが出来ます。

エロコメディと若干のシリアス

本作は物語はしっかりとしながらも、基本はちょいエロコメディテイストで、話の要所要所にシリアスな内容が織り込まれています。

 

そのバランスが非常に良く、内容はしっかりと濃いけれど読みやすい内容に仕上がっています。

完結済みであるため安心して最後まで楽しめる

本作は書籍とマンガでは現在も連載中ではありますが、WEB上では2015年に完結しています。

そのため物語の途中で連載が進まなくなるようなこともありませんので、安心して読み始めることが出来ます。

作品リンク

無職転生 - 異世界行ったら本気だす -の購読や購入は以下から可能です。

■小説家になろう

小説を読もう:無職転生 - 異世界行ったら本気だす –

■コミックス


無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

■小説


無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ ライトノベル 1-20巻セット

人気作品が多数ある「なろう原作」作品の中でもイチオシの作品ですので、ぜひ読んで頂ければと思います。

 

Re:ゼロから始める異世界生活

本作は数あるライトノベルを読んできた私の中でも、私が最もおすすめする作品です。

  • 推理小説のような重厚な内容
  • 思わず胸が熱くなるストーリー
  • 感動するセリフの数々

少なくともこれらの要素が詰まった作品です。

タイムリープ系能力を軸としたシリアスな物語展開

自身の死により時間を巻き戻して記憶を引き継げるタイムリープ能力「死に戻り」。

「Re:ゼロから始める異世界生活」は、上記の能力だけを獲得し突如異世界に転送された主人公が、自身の「死に戻り」の能力を駆使し、何度も死にながらも自分の理想の未来にむけて奮闘し、立ちはだかる問題を少しずつ解決していきながら、少しずつ成長していく物語です。

 

タイムリープのもの作品と言えば

  • 時をかける少女
  • STEINS;GATE(シュタインズゲート)
  • バタフライ・エフェクト
  • バック・トゥ・ザ・フューチャー

など、昔よりアニメから実写映画、ドラマまで幅広く扱われてきたテーマではありますが、本作も非常によく内容も考えられており非常に面白く読める作品です。

 

個人的には「STEINS;GATE(シュタインズゲート)」に雰囲気が似ていると感じています。

 

主人公は「死に戻り」以外は現代日本でぬくぬくと育った高校生ですので、剣と魔法の世界である異世界では一般人以下の能力しかありません。

さらには元引きこもりでもあるため、性格も卑屈で卑しさが多分に含まれています。

 

そのため主人公は初っ端から死にますし、数え切れないほどバンバン死んでいきます。それはもう死にまくりです。

時には街のチンピラにも殺されてしまうほどです。

ラノベの主人公にあるまじき戦闘能力の低さです。

ご都合主義など微塵もありません。基本うまくいかないことだらけです。

 

死の描写が多いことからシリアスな話展開が主軸で、ラノベにはあまり見ない謎解きの要素が主人公視点で多く盛り込まれており、物語の展開にとても引きこまれます。

ドンデン返しが盛りだくさん

本作で面白いのは主人公を襲う数々の問題に対して、死にながらも何とか解決していくのですが、問題を解決して順調に話が進むなと思った矢先、想定外の問題が発生してまた主人公が死ぬという、ドンデン返しが数多くあることです。

 

読んでいても、

えー!ここでまた死ぬのかよ!何でだよ!なんで死んだんだよ!

ってなることが何回もあります。

 

事件の真相を明かすのを引っ張り話を盛り上げる表現手法がうまく、まんまと話に引き込まれてしまいます。

見事な人物の心情描写

「Re:ゼロから始める異世界生活」で見事だなと思うのが、登場人物それぞれの心理描写を見事に表現している点です。

主に主人公の描写がメインですが、巧みな言い回しによって表現されたその内容は、思わず何度も読み返したくなってしまいます。

主人公の性格は弱くて卑しく、圧倒的な絶望を前に何度も心が挫けながらも、それでも自分の大切なもののために頑張りたい、なんとかしたいという、とても人間味のある描写が胸を熱くさせます。

 

単調で軽い文章のラノベはよく読み飛ばしてしまうのですが、本作は重厚な文章表現であり、しっかりと読み込むほど味わい深く楽しむことが出来ます。

逆に言ってしまうと、難しい文章表現や言葉もそれなりにあるため、小難しい文章を読むのが苦手な方には少し重たく感じてしまうかもしれません。

 

心震わせる名言の数々

「Re:ゼロから始める異世界生活」には様々な名言が登場します。

それは名言ランキングサイトや名場面ランキング動画が作られるほどです。

 

その中で個人的に好きな名言をいくつかご紹介したいと思います。

■妥協しそうな時に聞きたい名言

「――戦え」

「戦うと、抗うと、己にそう定めたのであれば、全身全霊で戦え。一瞬も、一秒も、刹那すらも諦めず、見据えた勝利という一点に貪欲に喰らいつけ。妥協などしてはならない、あってはならない。まだ立てるのならば、まだ指が動くのならば、まだ牙が折れていないのであれば、立て、立て、立て、立て、戦え。――戦え」

■母親に会いたくなる名言

「なにかしてほしいから産んだわけじゃないんだよ? なにかしてあげたいから産んだの。 愛してあげたかったから、お母さんはスバルを産んだの。」

■未来に向けて今を頑張ろうと思える名言

「切っ掛けがどうあれ、今がここにあるものが全て。  結果に向かう気持ちと、手に入れる結果――そこに至れれば、始まりはいい。  大事なのは最初ではなく、最後なのだから。」

■勇気付けられる名言

「下を向くなよ、ナツキ・スバル。 瞳が曇れば魂が陰る。 それは未来を閉ざし、生きる意味を見失うという事だ。 己の正しきに従う時、下を向いて行う者にどれほどの事ができる。 顔を上げ、前を向き、手を伸ばせ。」

■諦めそうな時に聞きたい名言

「立て! 顔を上げろ! 武器を持て! 卿らはなんのためにここまできた!あの男を見ろ! あれは武器もなく、非力で、吹けば飛ぶような弱者だ。打ち倒されるところを、私もこの目で見た無力な男だ!

他の誰よりも、あの男が一番弱い!戦う力がない。生き残るだけの能力もない。何度も何度も挫かれて、そのたびに打ちひしがれてきた敗北だらけの男だ!

そんな一番弱い男が、まだやれると誰よりも早く吠えている!

この場の誰よりも無力な男が、まだ戦えると歯を食い縛り、痛みに耐えて、涙を堪えて、血反吐を吐きながら、それでもまだ抗おうと上を見ている!

それでどうして、我らが下を向いていられようか!

我々の力は弱く、束ねたとて魔獣の喉元に届くかわからない。だとしても、もっとも弱い男が諦めていないのに、どうして我らに膝を折ることが許される!」

 

 

その他にも心を揺さぶられる名言がたくさんありますので、ぜひ読んでいただきたいですね。

漫画・アニメ・ゲームなど幅広く人気

Re:ゼロから始める異世界生活は、MF文庫より小説として23巻発行されており、シリーズ累計部数は400万部を超えている人気小説です。

さらに『このライトノベルがすごい!』2017年版では文庫部門第2位。『SUGOI JAPAN Award 2017』ではアニメ部門・ラノベ部門の2部門で1位を獲得しているます。

2016年には第一期のアニメ化もされており、第二期のアニメ化も既に決定しています。

 

その他にも漫画やOVA「Re:ゼロから始める異世界生活Memory Snow」や、インターネットラジオ「Re:ゼロから始める異世界ラジオ生活」、ゲーム「Re:ゼロから始める異世界生活 -DEATH OR KISS-」など、幅広いジャンルで作品が生み出されています。

■小説家になろう

Re:ゼロから始める異世界生活

■漫画


Re:ゼロから始める異世界生活 第三章 Truth of Zero 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

■小説


Re:ゼロから始める異世界生活 ライトノベル 1-18巻セット

■アニメ

 

無職の英雄 ~別にスキルなんか要らなかったんだが~

本作品はクール系主人公が何の才能も無い不遇な運命にあるにも関わらず、超人の域を超えた圧倒的努力によって才能の壁を超え、最強の存在になり無双する物語です。(努力の描写は殆どありません。笑)

小難しい内容の作品ではありませんので、サクサクと読めてストレス解消にうってつけの作品です。

日々ストレスを溜めてしまっている方の息抜きにピッタリですし、単純に最強主人公による英雄譚が好きな方にも気に入って頂ける作品です。

才能が全ての世界で努力で最強

「無職の英雄 ~別にスキルなんか要らなかったんだが~」は女神から与えられる職業が全ての優劣を分ける世界において、何の能力も持たない最低レベルの無能職業「無職」になってしまう。

 

しかしそんな与えられた職業による才能が支配する世界において、過酷な現実から目を背けること無く圧倒的な努力を重ねることで、才能だけの人間をバッタバッタとなぎ倒していきます。

 

物語の流れとしてはまさに「NARUTO」のようなものです。


NARUTO-ナルト- コミック 全72巻完結セット (ジャンプコミックス)

しかし、「NARUTO」のように努力・根性・忍耐の描写は特ありませんし、隠された力が眠っているとかでもありません。

努力し続けていたら気がつけば最強になっているという感じです。

 

そのため

 

漫画「NARUTO」より

こんな感じの心を震わせる熱い展開はありません。

 

その代わりにコメディ色がかなり強い作品となっています。

ひたすらに冷静で世間ズレしている主人公

「無職の英雄 ~別にスキルなんか要らなかったんだが~」の主人公は物語の中の常識を真っ向から否定するような規格外の存在です。

そんな圧倒的に強い主人公の性格は冷静すぎるゆえに切り替えが圧倒的に早く、それ故本人の認識や考えが世間から大きくズレているといった人物です。

天才とは常人とはかけ離れた感性や考えを持っていると言いますが、この主人公はスキルという才能はなくても紛れもなく天才なのでしょう。

 

圧倒的な努力だけで成り上がるが冷静、というのは「NARUTO」の暑苦しくないロック・リーと呼ぶのがピッタリです。

 

漫画「NARUTO」より

そう言うとなんだか主人公は少し魅力に欠ける感じがありますが、そんなことはありませんので安心してください。

 

最強主人公を軸としたコメディ

「無職の英雄 ~別にスキルなんか要らなかったんだが~」は世間からズレにズレまくっている最強主人公が、行く先々でトラブルを起こしながら最強の名を次々と獲得してくコメディ調の作品となっています。

コメディ調と言っても、「クスッ」とくるようなニヒルな笑いが中心のコメディ作品に仕上がっています。

 

世間からずれまくっている主人公がボケ役で、周囲が突っ込むという構図がしっかりと出来上がっています。

 

また本作品は現在コミックアースより第2巻まで書籍が出版されています。

■小説家になろう

無職の英雄 ~別にスキルなんか要らなかったんだが~

■小説はこちらから


無職の英雄 別にスキルなんか要らなかったんだが 1 (アース・スターノベル)

 

とんでもスキルで異世界放浪メシ

異世界転生して剣と魔法のファンタジーの世界でチート能力授かって、最強能力で俺TUEEEEEEで無双してたらハーレム出来てた。

みたいなありきたりな流れと比べると一風変わった本作品。

よくあるファンタジー小説に少し飽きてきた方に読んでいただきたい作品です。

面白能力と料理の力で異世界で成り上がる

本作品は現代人が異世界に召喚され、異世界で活躍するという典型的なファンタジー小説の設定ではあるものの、実際は「クッキングパパ」や「美味しんぼ」などの料理漫画的な作品です。


クッキングパパ(149) (モーニング KC)


美味しんぼ(111) (ビッグコミックス)

 

ファンタジーでお決まりの剣と魔法の世界ではあるのですが、主人公はその手のことはからっきし駄目。

しかしネットスーパーという現代日本の優れた調味料や食品を簡単に手に入れることが出来ることから、異世界において「圧倒的にうまい食事」を作ることが出来ます。

 

その結果、異世界に君臨する伝説級の魔物達を美味い飯で飼いならし戦闘や狩りは圧倒的に強い従魔にやらせることで、どんどんと有名になっていくという、ありがちな異世界転生ものとは少し違ったストーリー展開となっています。

 

「『ネットスーパー』でどうやって成り上がるんだよ。異世界に現代品でも持ち込んで商人として成り上がるんかな?」などと読み始める前は思っていましたが、まさかほとんど他力本願でいくのは予想外でした。

読んでいると異常に飯が食べたくなる作品

本作はその題名からも分かる通り、食事シーンや料理シーンが物語の半分ほどを占めています。

 

その料理描写がなんとも凝っており、読んでいると非常にご飯が食べたくなります。

そう。めっちゃ美味しそうに食事シーンが描かれているのです。

この文章を書いている今も、思い出して飯を食べたくなっています。

 

特に肉料理の描写が多く、深夜などに読んでいると無性に美味しいお肉料理が食べたくなってしまいますので、ダイエット中の方などには注意が必要な作為品かもしれません。

完全に飯テロ作品です。

 

中心的な題材が料理ですので、小難しい展開もほとんど無く、文章も非常に読みやすくなっており、スラスラと読み進めることが出来ます。

 

また「小説家になろう」においても累計ランキングで上位に位置しています。

ほのぼの系ファンタジー

食事に関する内容がメインで進んでいくため、終始非常にほのぼのとした内容で物語が進んでいきます。

 

従魔の魔物たちがバクバクと飯を食べ、どんどんおかわりし、現代日本の食事、甘味、酒、美容品に目がくらんだ異世界の神々がポンコツ状態になったり、最強魔獣が何の盛り上がりもなく魔物を倒し、食材にしてしまったりと、シリアスな展開になることはありません。

 

主人公は飯を作るのが美味いだけの超絶庶民なのですが、「飯を作るのがうまい」「現代日本の物を取り寄せられる」という能力だけで、圧倒的に強い魔獣や世界の神々が集まってきてしまう。

そのため主人公は特に窮地に陥ることも、大変な思いをして修業をすることも、強敵と死闘を演じることありません。

書籍化、漫画化されている

本作品は「オーバーラップノベルス」より書籍化されており、現在6巻まで発行されています。

そしてシリーズ累計で30万部を突破しており、今後更に伸びていくことでしょう。

 

またWEBコミック配信サイトである「コミックガルド」では漫画も連載中であり、「ガルドコミックス」より現在3巻まで発売されています。

■小説家になろう

とんでもスキルで異世界放浪メシ

■漫画


とんでもスキルで異世界放浪メシ 1 (ガルドコミックス)

■小説


とんでもスキルで異世界放浪メシ 6 肉そぼろ丼×聖なる刻印 (オーバーラップノベルス)

 

賢者の孫

異世界転生&剣と魔法のファンタジー&主人公最強&成り上がりという、ライトノベルではど定番の作風です。

王道主人公ものの物語が好きな方には特にオススメできる作品です。

典型的な俺TUEEEEEE作品

「賢者の孫」はまさになろう小説の定番である、主人公最強・俺TUEEEEEを代表する作品と言えるでしょう。

世界最強の賢者と魔道士、元騎士団長という人類最強の3名に育てられた主人公は、魔法、魔法道具作り、剣・体術という分野で圧倒的な能力を持った青年へと成長します。

更に森のなかで育ったこともあり世間の常識が無いために自重という事を知らない青年は、培った圧倒的な力で最強魔道士軍団を作ったり、魔神と呼ばれる人類の敵を倒したりと、あらゆる問題を解決していきます。

 

また現代日本の記憶を持って生まれたということもあり、戦闘においても現代日本の科学や文化の知識を存分に活用したており、異世界にあらゆる革命をもたらし、その都度周囲の度肝を抜いていきます。

 

ライトノベルではありがちですが、ここまで俺TUEEEと有能っぷりを発揮できれば、そりゃ人生楽しくて仕方がないよなーと素直に羨ましくなります。

 

転生の利点を生かし現代知識をフル活用

「賢者の孫」は主人公最強モノであると同時に、いわゆる異世界転生モノのストーリーです。

主人公を最強たらしめているのは、育てられた環境もありますが、前世の記憶をフル活用して独自の技術を生み出している点にもあります。

 

現代の科学技術、漢字、ダイヤモンドの生成手法、電話など、現代日本での知識を異世界に持ち込み活躍することで、世間からは魔法の王として「魔王」などと呼ばれるようになります。

 

主人公最強と異世界転生、剣と魔法の世界という、まさに王道のファンタジーと言える要素詰め込まれた作品なのです。

ヒロインが可愛い

賢者の孫は、主人公の可愛さが圧倒的です。

容姿端麗、頭脳明晰、純粋、一途、家柄も良い、ヤキモチ焼き、と、非の打ち所がありません。

 

童貞が一度は彼女や幼馴染として夢を見るような、まさに童貞の理想像とも言えるヒロインです。

こんな彼女や幼馴染がどこかに落ちて居ないものでしょうかね。。。

漫画化、アニメ化もされている

「賢者の孫」は「KADOKAWA」より書籍化されています。

また漫画家もされており、こちらも「KADOKAWA」より発売されています。

 

2018年9月時点でシリーズ累計は150万部を突破し、更に2019年にはアニメ化もされており、今後更に人気が高まる事が予想される作品です。

■小説家になろう

賢者の孫

■漫画


賢者の孫 (11) (角川コミックス・エース)

■小説


賢者の孫 常識破りの新入生 (ファミ通文庫)

 

■アニメ

アニメ化のPVもYouutubeで見ることができます。

 

公爵令嬢の嗜み

本作は中世ヨーロッパを舞台にした恋愛ゲームの中の世界の登場人物である悪役令嬢として転生した主人公が、ゲームの内容を熟知していることと現代日本の知識を駆使し、領地経営をしていく内政物語です。

剣と魔法と特殊能力の異世界冒険ファンタジー作品が多い「小説家になろう」の中では、少し珍しい部類の作品ではありますが、累計ランキング上位に食い込んでいる作品だけあり、とても面白い作品です。

 

単純な力技で主人公無双をする作品とは異なり、癖のある様々な登場人物たちの中でいかに立ち回り領地を経営したり難しい局面を乗り越えていくのか、考え方や感情の機微が細かく描かれており、趣深い面白さがある作品です。

ありきたりな俺TUEEE作品に飽きた方や、内政作品がお好きな方には特におすすめです

転生先は乙女ゲームの悪役令嬢

「公爵令嬢の嗜み」は乙女ゲームの悪役令嬢として転生を果たしたOLがなんとか生き抜くために自国の領地を圧倒的な才覚で発展させていく物語です。

乙女ゲームのエンディングの場面で悪役令嬢の立場で前世の記憶を取り戻したことで、本来はバットエンディングに向かうはずの主人公は機転を利かせて何とか最悪の事態を逃れ、代わりに謹慎と称した自国領地の領主代行として領地経営を開始していくのです。

 

本作品は「小説家になろう」の異世界転生モノの中にはバトル&ファンタジー作品が圧倒的多数を占める中で、内政というテーマで上位に食い込んでいる珍しい作品です。

そのため中世ヨーロッパのような貴族社会の権力争いなども丁寧に描かれており、登場人物のそれぞれがドロドロとした思惑を持ち、その中で主人公がいかに立ち回るかも、見どころの一つです。

現代日本の知識を活かした異世界転生&内政物語

「公爵令嬢の嗜み」は異世界転生&内政物語というテーマの通りビジネスの作り方現代日本の知識を領主という権力のある立場で使いこなし、中世ヨーロッパを思わせる文明レベルの中で着実に領土の力を高めていきます。

その中で現代の日本での銀行のシステムや教育システム、医療保険の制度、などがよく盛り込まれており、今の日本で生きる上でも参考となるような知識や考え方を得られるような作品となっています。

 

また本作は既に完結しておりますので、完結しないまま途中で終わってしまうなどの心配もなく安心して読んでいただくことが出来ます。

小説化&漫画化

「公爵令嬢の嗜み」は「KADOKAWA」より小説として出版されています。

また同じく「KADOKAWA」より漫画も出版されています。

またWEB漫画サイト「ヤングエースUP」でもマンガ連載を読む事ができます。

■小説家になろ

公爵令嬢の嗜み

■漫画


公爵令嬢の嗜み(1) (角川コミックス・エース)

■小説


公爵令嬢の嗜み (カドカワBOOKS)

 

異世界はスマートフォンとともに

予定に無かった死を遂げた主人公が神様に特別な力と現代の科学の結晶とも言える「スマートフォン」を持って異世界で新たな人生をやり直す姿を描いた作品です。

異世界転生・チート主人公・ハーレム・成り上がりといった、中学二年生が大好きな要素がこれでもかと注ぎ込まれた作品です。

のんびりと落ち着いて読める「主人公最強異世界転生ファンタジー小説」ですので、まったりとした作品が好きな方には是非オススメです。

 

異世界ファンタジーお決まりのハーレム設定

「異世界はスマートフォンとともに。」は現代社会の知識へアクセスできるスマートフォンを異世界でも使える状況かつ、神様からのチート能力も授かっているという圧倒的に有利な状況で剣と魔法のファンタジー世界に転生します。

それはもうファンタジーの世界では圧倒的に強い力を持って転生します。

 

そして主人公がまたのほほんとしたTHE草食系のような温厚な人物であり、

強い×優しい=モテる

といった童貞が思い描くであろう最強の方程式が見事に確立しております。

 

そのため行く先々でモテモテな主人公

それはもう都合が良いくらいにモテます。

将来有望な男子を捕まえようと躍起になる30代OLが如き猛烈なアタックを受ける主人公は、事なかれ主義の申し子とも言える性格が災いし、女性陣のアタックを躱すことができません。

 

更に主人公の意識せずにキザったらしいことが言えてしまう設定が、更にその流れを助長させています。

 

気がつけば嫁9人(しかも王女とかばっかり)という圧倒的ハーレムを形成します。

更に10歳そこそこのロリコンから高齢な妖精までも的に収めるという、圧倒的守備力の高さを見せつけます。

その守備力の高さはかのスラムダンクの池上レベルであると定評があります。

漫画「スラムダンク」より

 

 

まさに童貞の夢を体現したかのような物語です。

スマホとチート能力の掛け合わせる発想

「異世界はスマートフォンとともに。」を読んでいると、いかにスマ-トフォンが便利な存在かということがよく分かります。

今の社会では誰もが持っているものではありますが、その機能の便利さはやはりすごいものがあるなと、改めて思います。

 

更にご都合主義的なことに、強化された身体能力に一度見ればどんな魔法でも再現できるチート能力付きときています。

チート×チートなわけですから、それはそれはあれよあれよと問題を解決していきます。

そして魔法×スマートフォンという発想が、読んでいてなかなか面白いです。

主人公が最強すぎて、のほほんと進むストーリ-

「異世界はスマートフォンとともに。」はスマホにチート能力という圧倒的な力を持ってファンタジーの世界に飛ばされます。

 

それはまさに圧倒的ヌルゲー

ぬるい。ぬるすぎるぞ---!と言いたくなるような設定です。

 

 

それはさながら「刃牙」の地上最強の生物と呼ばれる「オーガ」の如く最強なのです。

 

 

 

 

 

 

漫画「『バキ』最凶死刑囚編」より

 

 

 

主人公が圧倒的に最強設定で、それに影響されて主人公の味方も何故かどんどんと強くなっていきますので、そりゃ向かうところ敵無しなわけです。

物語の途中から主人公一味が強すぎて、独自の国を作ってしまいます

 

そうなってくると緊迫した物語展開というのは起こりえないわけでして、強敵も出現するにはしますがまぁ展開が読めていると言いましょうか。

特に緊張感も問題も何もなく淡々とした英雄譚が数進められていく感じのストーリー展開です。

(けっして悪い意味で言っているのではありません)

 

そのためドキドキ・ハラハラすることなく落ちついて読むことができます。

書籍化・漫画化・アニメ化までされている人気作

「異世界はスマートフォンとともに。」は「ホビージャパン」より小説が発売されており、既に100万部を突破しています。

また漫画も「KADOKAWA角川書店」より出版されています。

 

更に2017年にはアニメ化もされています。

■小説家になろうリンク

異世界はスマートフォンとともに。

■漫画はこちら


異世界はスマートフォンとともに。 (1) (角川コミックス・エース)

■小説はこちら


異世界はスマートフォンとともに。 ライトノベル 1-16巻セット

■アニメ

 

 

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで

この作品は異世界転生もののライトノベルでたまに見かけるクラス丸ごと異世界転生もので、クラスの中で最下層のカーストに属している主人公が、クラス全体に見捨てられたことで、悪の道に進み逆襲していく復讐物語です。

復讐の道を這い進むダーク主人公による、王道とは違う少し変わったストーリー展開の物語を楽しみたい方、キラキラしただけのイキリ系主人公に飽き飽きした方にはぜひ読んで頂きたい作品です。

最弱からの逆襲物語

「ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで」は、学校のクラスまるごと異世界に転生され、転生された主人公はクラスの中どころか異世界でも最弱とされる。

そして最弱の存在として周囲からは虐げられ最後には死地へと追いやられる。

そこから自分を追い詰めた人間たちへの復讐心を糧に地獄のような環境を乗り越えて真の力に気づき、圧倒的な力を手に入れて逆襲するという、最弱から這い上がるテンプレート的展開の物語です。

 

主人公の逆転劇という様式美をしっかりとおさえていますので、読んでいて主人公がどんどん強くなっていく様は読んでいて気持ちが良いものがあります。

 

また登場する人物がほぼほぼいけすかない悪い奴というのもあり、主人公も情け容赦の無い人物像になりますが、着実に逆襲への道を進んでいく姿は面白いですし、悪が悪に復讐するために突き進む姿は爽快感すらあります。

予想を裏切る物語展開

「ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで」は、一見テンプレ要素を多分に含んだ内容ではありますが、読者の予想を裏切る展開を見せてくれます。

ダークヒーロ-である主人公の復讐の物語であるため、ヒーロー物のテンプレートがいい意味で覆されるストーリーは、読んでいて新鮮で面白いです。

 

ラノベ小説を多く読み、ご都合主義的なお決まりの展開に飽き飽きしている人にとっては、いい意味で新鮮で刺激的な内容になると思います。

登場人物はだいたい悪人

「ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで」に登場してくる人物は、主人公や主人公の宿敵を筆頭にラノベに登場しがちな根っからの善人というのがほとんど居ません。

敵も悪なら自分も悪。さながら映画「アウトレイジ」のような様相を呈しています。

 

そんなライトではないノベルなのが本作の特徴と言えるでしょう。

主人公も悪どい行動に出ることも多いですが、登場人物が悪人だらけですので、主人公の悪さに胸糞悪くなることなく読むことができます。

 

本作はオーバーラップ文庫より書籍化されています。

■小説家になろう

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで

■小説


ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 3 (オーバーラップ文庫)

まとめ

小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿されているおすすめの作品についてまとめてご紹介しました。

今回ご紹介した作品以外にも面白い作品はたくさんありますので、興味のある方は是非読んでみてください。