若手による宴会芸!新人歓迎会2次会で見た若手サラリーマンの苦行!

若手による宴会芸!新人歓迎会2次会で見た若手サラリーマンの苦行!

こんにちは。チリ毛(@chirigetravel)です。

私が2014年に新卒として入社した企業で体験した、ハラスメント上等の社畜体験談をご紹介したいと思います。

今回のエピソードは私が新入社員として配属された部署での新人歓迎会の2次会での出来事です。

 

1次会での「熱々唐揚げ地獄の刑」のエピソードは以下から確認いただけます。



2次会でのキン肉マン登場

熱々唐揚げ地獄によって閉幕した1次会。

1次会などアップに過ぎないと言わんばかりの勢いで当然のように2次会へ。

2次会の会場はカラオケのパティールーム

居酒屋よりも閉塞感のあるその空間は、無茶苦茶な馬鹿騒ぎをするにはうってつけの空間です。

 

程よくお酒も入り、カラオケというBGMも合わさって盛り上がりを見せる2次会。

若手も1次会ほど肩肘を張らなくても許されるようになってきて、純粋に面白い飲み会の雰囲気。

若手にもカラオケの指名が入り強制的に歌わされたり、オジサン世代のよくわからん歌を聞かされ続けたりと、よくある光景が続きます。

 

そして突然に鳴り響く、あの有名なキン肉マンのオープニングテーマ。

世代を超えて認知される大人気の曲であり、盛り上がること間違い無しの名曲です。

きっとオジサン世代の誰かが歌うのかなと盛り上がろうと思っていた矢先、突如「キン肉マンの覆面とハイレグに靴下」という明らかな変質者のコスチュームで登場した謎の人物。

※写真はイメージです。

会場は一気にヒートアップ。異様な盛り上がりを見せます。

その光景にあっけに取られる新人の私ですが、徐々に状況を掴み始めます。

どうやら3年目の先輩による宴会芸らしい。

 

にしても大事なところはハミ出しかかっている、ほぼ全裸といっても過言ではない姿でのキン肉マン熱唱。

会場は爆笑の渦に包まれます。

 

所々から野次が飛び、コスチュームを脱がそうとする先輩社員による乱入、それによりさらなる盛り上がりを見せる会場。

なんとか全裸は回避しようと抵抗する先輩若手社員。

もうハチャメチャな状況です。

 

しかしこんなにも盛り上がる宴会芸とキン肉マンのオープニングテーマを聞いたのは初めてでした。

そして最高潮に盛り上がって先輩社員による宴会芸が終了。

唐突に始まったその催し物は、見事に爆笑をかっさらっていったのです。

 

流れでパンツ一丁カラオケ開催

ここまでは良かった。

見ている分には最高に面白い催しだった。

サラリーマンの宴会芸のレベルの高さを思い知らされるとともに、なんて面白い人達だろうと感動すら覚えた。

 

この時はまだ思ってもいなかったのだ。

次は自分たちの番であるということに。

 

この盛り上がった流れのまま、次は1次会で「アツアツ唐揚げの刑」に処された先輩社員が歌い始めます。

そこで先程別の先輩社員が見せたキン肉マンに触発されてか、周囲からの圧力からか、唐揚げの先輩まで脱ぎ始めてパフォーマンスし始めます。

 

そしてその横にいた新人社員である私達にも飛び火し、スーツを脱いでのパフォーマンスの流れに。

圧倒的に盛り上がっている空気に勝てるはずもなく、初っ端の歓迎会からパンツ一丁での裸踊りを披露する若手一同。

裸芸を披露しながら部屋の中を練り歩く複数人の若手社員。若手ではない先輩社員たちは言葉でも物理的にもいじりまくる。

そんな混沌とした環境に放り込まれハメになったのです。

 

そして3次会へ

そんな圧倒的な盛り上がりを見せた2次会も時が過ぎ、終電間近で終わりの時間がやってきます。

楽しさとサラリーマンの洗礼を受けた濃い飲み会だった。

殆どの社員が帰路につき、私も早く帰って休もうと思っていた矢先、私の直属の上司となるチームリーダーと、仲良しの課長が3次会に行くと言い出した。

もう終電もなくなる時間。

さも当たり前のように誘われ、当然断れるはずもなく、若手の先輩社員も含めて数名で3次会へと繰り出していきました。

 

本番はこれから。夜はまだまだ終わらないのだそうです。

結局その日は始発が動く時間まで飲み明かすことになるのでした。。。