不動産投資はどのように社会に役に立っているのか!?社会的意義について解説!

不動産投資はどのように社会に役に立っているのか!?社会的意義について解説!

こんにちは。チリ毛(@chirigetravel)です。

この記事では不動産投資の社会的な意義について解説します。

不動産投資と聞くと、

  • 大家がボロ儲けしてる
  • 難しそうだし破産する人が多そう
  • 不動産が暴落したらどうするんだ!
  • スルガ銀行が大変がこの世の冬状態だ。。。

などマイナスなイメージを抱く方も多いかと思います。

 

しかし不動産投資にもやるだけの価値がるしっかりとした社会的な意義があるのです。

仕事も何でもそうですが、「お金を得る」ということだけでなく、自分の行動が社会に何かしらの価値を生み出していることは、人間が行動する上で非常に重要です。

安易な言葉ですが、

自分がどう社会に貢献しているか

これは生きる上で非常に重要な考え方です。

 

この記事を読めば不動産投資が個人的な利益以外にも、この世に価値をもたらすものであることが分かるでしょう。



住居の提供~済みたい場所に住める時代~

現在は私達が転勤や結婚、独立などの理由で引っ越しをしたいと思う時、日本全国のほとんどの場所において賃貸物件を見つけることが出来ます。

その土地の不動産屋さんを訪ねれば、速やかに空き物件を紹介してくれるからです。

 

「いつでも、済みたい場所に住むことができる」

この状況は、家を必要とする日本の総人口(総世帯数)を上回る数の住居が市場に提供されているからこそ可能になっているのです。

因みに現代であっても、この世の中の一部のエリアでは、賃貸住宅が無いような場所も存在しています。

 

不動産賃貸業の目標は満室経営

かつて日本では、不動産賃貸市場には十分な部屋数が存在しなかったため、「下宿」という形で複数世帯が一つの家屋に住んでいたり、企業が独身寮や社宅を提供することで、住居の不足を補ってきました。(社宅や独身寮は今でもありますが)

 

しかし現代日本においては、ライフスタイルの変遷や賃貸家屋の充実などの理由により、上記のような形態は急速に減少傾向にあります。

不動産賃貸業で収入を得ようとする場合に目指す姿は、自分で不動産を取得し、所得した家屋を少しでも高い家賃で全部屋貸し出すことです。

 

少しでも高い単価で、できるだけ多い部屋数かりてもらうことで、あなたが得る利益が最大化されるからです。

 

空室は悲しいことか?

あなたが取得した不動産が全部屋貸し出されるということは、別の不動産は入居者を奪われることを意味します。

それによって不動産市場に空室として新たに部屋が提供されます。

これは悲しむべきことなのでしょうか?

 

空室ばかりを抱える不動産賃貸経営者からすれば当然悲しいことです。

折角退勤を払って購入した不動産から全く収入が発生しないのですから。

 

しかし市場全体で考えればそうではありません。

空室が市場に十分に提供されることで、入居者からすれば選べる部屋の選択肢が多く生まれ、自分の要望にマッチした部屋を見つけられる可能性が高くなるからです。

その結果、好きな時に、好きな地域に、好きな部屋に住むことができる確率が上がるのです。

 

エリアマーケティングの重要性

上記ことは、不動産賃貸業を営む側から考えると、

既に十分な量の部屋が提供されている地域には無理に参入するべきではない

ということを指しています。

それは不動産投資において成功しにくいこともありますし、部屋の過剰提供は不動産市場の健全な育成に貢献できない行為でもあるからです。

 

それは不動産投資家に

  • 空室が埋まらない
  • 家賃が下がる

という結果で報いられ、早々にマーケットからの退場をするハメになるのです。

 

マーケットは上記のような形で必要とされるエリアに必要とされる物件が提供されるように、自動的に調整されるように出来ています。

さらに不動産は一度購入してしまうと、買った物件を手放して他の新しい物件を買い直すということは、簡単には出来ません。

それは手続きに時間がかかることもありますし、手数料などの関係で短期で売買を繰り返すことは自分の資産を無駄に浪費してしまうことにつながるからです。

 

だからこそ、不動産賃貸業を営むエリアを慎重に選ぶことは重要なのです。

 

まとめ

不動産投資の社会的意義についてご説明しました。

単にお金を儲けるだけではなく、私達が好きな時に、好きな場所に、好きな部屋に住むという、住居選択の自由をもたらすことに、不動産投資は貢献しているのです。

 

不動産投資にマイナスの感情を頂いている方も大勢いらっしゃるかもしれませんし、リスクやマイナスな面も確かにあるかもしれません。

しかし社会的な意義があることも事実ですので、後ろめたさを感じること無く不動産投資を頑張って頂ければ幸いです。

効率良く不動産投資の知識を身に着けるならファイナンシャルアカデミーのセミナーがおすすめです。

無料のセミナーだけでも受ける価値があります。

セミナーの登録はコチラから可能です。

 

この記事が少しでもあなたの役に立てば幸いです。