不動産投資における印紙税の注意点と節約テクニックを解説

不動産投資における印紙税の注意点と節約テクニックを解説

こんにちは。チリ毛(@chirigetravel)です。

この記事では不動産投資において必ず必要となる「印紙税」について、節約するテクニックと注意点を中心にわかりやすく解説していきます。

不動産投資において、購入する物件を決め、不動産屋と売買契約を結ぶ際、売買に関する契約書を作成します。

 

その契約書は契約要項とお互いの認め印を押すだけではなく、「印紙」と呼ばれるものが必要になります。

印紙税とは、簡単に言えばお金のやり取りを証明する紙(契約書など)に法律的な安心感を持たせるために国に支払う税金のことです。

つまり印紙を貼り印紙税を納めていることで、契約書などの文書の内容が法律上においても国に守ってもらえる様になるのです。

 

守ってもらわなくていいから貼りません!というのが可能なわけではなく、

法律上守ってあげるから税金収めてね!という意味合いと捉えることも出来ます。

簡単に印紙税とはなんぞやという所を簡単に解説したところで、節約テクニックと注意点についてご紹介していきます。

 



印紙税の金額

印紙税の金額は、契約書などで取り交わされる金額の大きさに応じて法律にて定められています。

契約金額が〇〇円なら、印紙税は〇〇円といった具合です。

具体的な金額は法改正などによって頻繁に変更がなされるため、実際の金額は購入される時にしっかりと調査の上金額を確認しておく必要があります。

 

基本的には以下の金額ですが、軽減措置などによって変更になっていることがあります。

契約金額 印紙税額
100万~500万以下 2,000円
1,000万以下 10,000円
5,000万以下 20,000円
1億以下 60,000円
5億以下 100,000円
10億以下 200,000円
50億以下 400,000円
50億以上 600,000円

 

1万円~100万円以下の契約にも印紙税はかかりますが、微々たる金額ですし、そんな少額の物件は殆どありませんので、ここでの紹介は割愛します。

 

節約のテクニック

印紙税を節約するためのテクニックをご紹介します。

印紙税を半額に抑える

印紙税が必要となる不動産物件の売買契約書などは、売主側用と買主側用それぞれが保管するために2通作成するのが通常であり、それぞれ自分サイドの印紙税を負担します。

しかし、必ずしも2通の契約書を作成しなければならない義務はありませんので、当初から1通のみしか契約書を作成しなければ、印紙税は1通分の費用のみで済むのです。

 

不動産業界の慣例的に言えば、物件の新たな所有者となる買主側が契約書の本紙を保管し、物件の売主側は契約書のコピーを保管することになります。

この場合、印紙税の負担を折半するか、もしくは片方が全て負担するかは双方の交渉によって決定することが出来ます。

印紙税が不要なケース

契約書や領収書など、書面を用意して金銭のやり取りが発生する全てのケースにおいて、印紙税が発生するのかというと、そういうわけではありません。

 

金銭または有価証券の受け取り書であっても、受け取った金銭などがその受取人にとって営業に関しないもの、例えばマイホームの売却などの指摘日常生活に関するものであれば、非課税となります。

 

これはあくまで個人名義で行われた場合であり、法人として所有している場合は営業行為として扱われるため当てはまりません。

つまり金儲けのビジネスのための不動産の売却ではなく、個人としてのマイホームの売却であれば非課税ということです。

 

どのケースなら非課税なのかの詳細は、個別の事情によって判断が細かく分かれることがありますので、個別の案件ごとに専門家に相談するようにしましょう。

 

注意点

印紙税における最大の注意点は、印紙の貼り忘れです。

印紙を貼り忘れてしまうと、ペナルティとして追加で2倍の金額を支払うことになってしまうからです。

つまり合計で通常の3倍の金額の支出になってしまうのです。

 

この支払いは「過怠税」と呼ばれ、辛いことに経費として認めてもらえないのです。

単なる貼り忘れで無用な出費を防ぐためにも、印紙は忘れずにすぐに貼って割印するようにしましょう。

 

まとめ

「印紙税」について、節約するテクニックと注意点について解説しました。

「印紙税は」普通に暮らしているだけではまず目にすることはありませんし、ビジネスをしている人でも契約関係に携わる仕事をしている人でなければあまり馴染みがないものです。

 

「契約書にも税金がかかるのか」と驚かれた方もいらっしゃるかもしれませんが、今後書面を通じたビジネスをやる上では必ず必要となる内容ですので、是非押さえておいてください。

効率良く体系的に不動産投資の知識を身に付けたいなら、ファイナンシャルアカデミーのセミナーがおすすめです。

無料のセミナーだけでも受ける価値があると思います。

無料セミナーの登録はコチラから可能です。

この記事があなたの約に少しでも立てば幸いです。