不動産を取得する5つの理由・目的・メリットとは!?

不動産を取得する5つの理由・目的・メリットとは!?

こんにちは。チリ毛(@chirigetravel)です。

この記事では不動産を取得する人はどのような理由・目的を持って不動産を取得しているのか、また得られるメリットは何なのかをご紹介します。

 

不動産を購入する人というのは、様々な理由と目的を持っています。

投資目的であったり、自宅として自分で住むことを目的としていたり、節税対策であったり、様々です。

厳密に言えば不動産を持っている人の数と同じだけ目的があると言っても過言ではありません。

 

この記事ではその中でも代表的な5つの目的をご紹介します。



家賃収入を得るため

不動産投資を始める人が主に目的とすることです。

不動産を購入して部屋を貸し、物件を保有している期間の家賃収入(インカムゲイン)を得るために不動産を購入するのです。

 

銀行から融資をうけて不動産を購入する場合、融資の返済期間を長く設定することで月々の返済額が少なくなります。

そうすると、毎月のキャッシュフローが大きくなる傾向にあります。

 

また、物件の減価償却費(資産計上した金額を耐用年数期間に渡って支出として扱われる金額)を大きく設定すればするほど、保有期間あたりの収入が大きくなる傾向があります。

 

注意点としては賃貸目的で物件を購入する際は銀行から融資を受けるに当たり「住宅ローン」が使えないことです。

住宅ローンは自宅を購入する場合に使えるローンですので、投資目的の場合には使用することが出来ないのです。

 

そのため、不動産投資で家賃収入を得るために銀行からローンを引きたければ、投資用のローンを組む必要があるのです。

 

売却益を得るため

売却益を狙うことは、不動産投資家の2つ目に多い目的と言えます。

不動産を売却することで利益を得るパターンはいくつかあります。

一つは物件を購入後したあとに、既存物件を改築して価値を上げてから売却するパターンです。

この場合は物件の購入価格と改築費用をあわせた金額よりも高い金額で物件が売れると、その差額が利益となります。

 

また、土地だけを購入してその土地に新たに建物を建て、それを販売するパターンもあります。

これも上記と同様にかかった費用よりも高い金額で売れることで利益が出ます。

 

その他にも、物件を購入した後に地価などが高騰し不動産価格も上昇すれば、特に手を加えることもなく売却によって利益が発生することもあります。

 

売却を目的とした不動産の場合の注意点としては、基本的に銀行からの借入をすることは非常に困難ですので、自分が持っている現金で購入する必要があります。

 

転勤留守宅のため

全国勤務の可能性のあるサラリーマンの方たちに多いパターンで、転勤族の方がその土地で住む場所を得るために不動産を買うことがあります。

 

最初は自分が住むことを前提として物件を購入するのですが、転勤が理由で購入した家に住むことができなくなるケースがあります。

 

そうなった場合、元々自宅用として購入した家を、他の誰かに貸す事をするのです。

そうすることで、転勤によって購入した家に住めない間も有効に活用することが出来ます。

 

転勤族の人の中には、転勤先で低金利の住宅ローンを活用して不動産を買い、数年は自分で住んでから転勤を理由に人に貸し出すことを繰り替えし、たくさんの不動産を所有している人も存在します。

 

本来、他人に家を貸す場合は住宅ローンの利用は出来ないのですが、例外として会社都合に伴う転勤が発生する場合は、住宅ローンで購入した物件であっても貸し出すことが出来るのです。

 

自宅として住むため

投資とは無縁の方々が不動産を買うのは、基本的に自宅の購入が目的でしょう。

自宅の購入の特徴としては、銀行から低金利の住宅ローンを借り入れることが出来ることです。

住宅ローンは投資用ローンと比べて金利が安いですので、投資用物件と比べて返済が楽と言えます。

 

また自宅として購入した物件に一定期間住み、その後人に貸し出すか売却するなどして収益を得て、得た収益を元にしてより大きい物件を購入していくという投資法(ヤドカリ投資法)というのもあります。

 

また「自宅兼アパート」「賃貸併用住宅」など、購入した物件の一部を他人に貸し出すことで収益を上げている人たちも居ます。

 

相続のため

ご紹介する不動産を取得するケースの最後として相続によって不動産を得るパターンをご紹介します。

相続によって不動産を手に入れると聞くとうらやましく思うかもしれませんが、相続する物件は自分で立地を選ぶことが出来ません。

そのため立地が悪く活用できないような物件を相続した場合、どのように生かしていくかを考え直す必要があります。

 

まとめ

不動産を取得する人はどのような目的を持って不動産を取得しているのかをご紹介しました。

今回ご紹介した例はあくまで一部であり、不動産を購入しようとしている人の分だけそれぞれ目的があります。

 

取得する不動産の種類については以下の記事でご紹介していますので、自分の目的に合致した物件を選ぶのに活用して頂ければと思います。

自分が不動産を購入する目的を定め、それに合った物件と購入方法を考えることも、不動産投資において重要な行為であると言えるでしょう。

 

効率良く不動産投資の知識を身に付けたいなら、ファイナンシャルアカデミーのセミナーがおすすめです。

無料のセミナーだけでも受ける価値があります。

無料セミナーの登録はコチラから可能です。

 

この記事が少しでもあなたの役に立てば幸いです。