「出来る奴」と思わせるて相手を動かす心理的テクニックまとめ

「出来る奴」と思わせるて相手を動かす心理的テクニックまとめ
この記事では仕事などの人間関係において、他人をうまく動かし、周囲から出来るやつと思われる、そんなテクニックをご紹介します。   誰しも仕事やプライベートにおいて周囲から「こやつ、出来る!」「優秀な人間だなぁ」なんて思われたいもの。   しかし現実ではなかなかうまくもいかず、自分の周りでうまいこと周囲の人間を巻き込みながら他人を動かし、上手に世渡りしている人間を見ては苦虫を噛み潰すような思いをしている人も少なくないはず。   この記事で紹介する他人をうまく動かし周りから一目置かれる存在となるためのテクニックを実践すれば、そんな思いを少しでも解消できる筈です。



交渉の一番最初は無理難題をふっかける(ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック)

仕事において相手に何か買ってもらいたい時や、プライベートで比較的困難なお願いを相手にする場合、いきなり自分の要望するものを相手に伝えてもそう簡単には買ってもらえないものです。   そこで営業手法などで多く用いられるのが「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」と呼ばれるテクニックです。   このテクニックは、例えば相手に1,000円貸してほしい時に、最初に1万円貸して欲しいとお願いします。そこで断られたとしても想定内で、すかさず「1,000円だけでも貸してほしい」と伝えることで、相手に「1,000円くらいなら良いか」と思わせ、当初の1,000円借りたいという自分の要望を叶えやすくなる手法です。   このテクニックは「譲歩的要請法」とも呼ばれます。 最初に期待薄な無理な依頼をして、それを取り下げた後に当初より難易度の低いお願いをするというプロセスを経ることで、相手に最初の依頼を「断ってしまった」という負の感情(罪悪感)が発生し、その罪悪感を利用して2回目以降の依頼を断りにくくするというテクニックなのです。   金額交渉の場で値切るときなどにもこの手法は有効です。 定価1万円の商品を7,000円で買いたい場合、最初から7,000円と伝えるのではなく、最初は4,000円とふっかけた後、じゃあ7,000円なら買うと伝えることで、7,000円の値切りが通りやすくなります。   このテクニックは何故有効なのでしょうか? それは、この社会には他人から何かの恩恵を受けた場合、似たような形でお返しをしなくてはならないという「返報性のルール」が存在しているからです。 このルールは社会に深く浸透しており、大きな強制力を発揮します。 「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」の場合、「譲歩される=恩恵」という図式になるため、譲歩された側はお返しをしなくてはならないと感じるのです。   このテクニックの注意点としてはやりすぎると相手へ与える印象が悪くなるので、あくまで相手にあからさまな不快感を与えないレベルの条新規の範囲内ギリギリで行うことがポイントです。  

他人を褒める時は人づてに伝わるようにする(ウィンザー効果)

人は誰しも褒められた好感を持たれれば嬉しいものです。人は全く意識していない人や関係性の薄い人からであっても、好意を伝えられると好感を持ってしまう傾向があり、これを「好意の返法性」と呼びます。   好意や褒め言葉などは第三者から伝えられると、本人から直接伝えられるよりも強調され、相手に大きな効果を与えることが出来ます。 この効果を「ウィンザー効果」と呼びます。   例えば、職場において部下を褒めて手なづけたい場合、部下に対して直接褒めるのではなく、他の同僚づてに「〇〇先輩が君のことを褒めていた」「課長が今月の成績を褒めていた」などと伝わるようにすることで、部下はより好印象を持ち、自分の嬉しさも倍増するのです。 手のかかる部下や後輩などは悩みの種ですが、この手法を使い部下を自分の思う通りにコントロールできれば、あなたは周囲から「出来る人だな」と思われることでしょう。   同性・異性問わず、相手に好感を持ってほしければまず相手を認める事が大切です。認めた上でそれを効果的に伝える手法として、この「ウィンザー効果」をうまく活用するために、まず相手のことを肯定し、その相手の仲良い人物にその内容を伝え、その人物経由で本人に伝わるように工夫しましょう。  

期待の言葉で他人のモチベーションを高める(ピグマリオン効果)

「褒めて伸ばす」というのは一般的にも言われていることですが、似た方法法として、「期待している」という意図を伝えるだけで、伝えた相手のモチベーションを高める事ができます。 この効果を「ピグマリオン効果」と呼びます。 スポーツの世界ではよくあることですが、結果が出ない選手に期待して、監督が使い続けることで、選手が監督の起用の期待に応えようと奮起し、実際に期待に答える働きをし結果を出したという事例が数多くあります。 これは期待をされた選手が監督の期待を敏感に感じ取り、監督の熱意にこたえるためより一層努力を重ねるために起こる事象です。

人は相手から期待や信頼、熱意を持った接し方をされると、その想いに答えようとするものです。

  ですので、相手にやる気と結果を出させるには、上の立場の人間(上司や監督、先生など)が下の立場の人間(部下や選手、生徒など)に信頼や期待を持って接することが上策なのです。 部下に自信を持って前向きに仕事に取り組んでもらいたければ、「君なら出来る!」「期待しているぞ!」「君の味方だ!」などの言葉をかけてあげましょう。  

語尾を命令形から疑問形に変える(疑問系指示による心理効果)

相手に気持ちよく自分の依頼を聞いてもらうには、依頼の仕方一つにも注意を払う必要があります。 相手に自分の支持を気持ちよく聞いてもらい、円滑に仕事を進めるためには、指示をする時に「〇〇して!」という命令口調での指示ではなく「〇〇してくれる?」「〇〇してくれない?」などの疑問系口調での指示が有効です。

語尾が疑問形に変わるだけで相手が受ける印象は大きく変わり、丁寧な印象を受けるものです。

  このちょっとした気遣いがあるだけで、相手は気持ちよく依頼をうけてくれる。 会社などでは部下が上司の指示・命令を受けるのは当然のことなのですが、当然だからといって思いやりのないキツイ口調での指示をしている人間は、部下や周囲からの信頼を得ることは出来ません。   会社でのやり取りだけに限らず、大手の飲食店チェーン店などで店員から来客者に対して「少々お待ちいただけますか?」といった疑問系口調の言葉が使われるのも、この効果を期待してのことなのです。 社内の上下関係に限らず、仕事を発注している発注者側と受注者側などの関係の間であっても、相手に対する気遣いを持った言葉使いをすることで、お互い気持ちよく仕事をすることが出来ます。   もちろん依頼する側だけでなく依頼を受ける側にも気遣いは必要であり、相手が折角丁寧に指示を疑問形に変えて気を使っているにもかかわらず、それを理解せずに「いいですよ!」といったさも当たり前かのような態度で返答してしまうのは良くありません。   親しき仲にも礼儀あり」と言うように、お互いに相手の気分を害することのない言葉使いをすることで、良好な人間関係を誰とでも築ければ、周囲からも高い評価を得ることが出来るでしょう。  

まとめ

周囲から評価される「出来る人」と評価されない「出来ない人」の差というのは、紹介したちょっとした気遣いや行動の積み重ねによるものが殆どです。 人間的に根本的な能力の差ではなく、「ちょっとした事」に気をつけ、それが積み重なることで大きな差となります。   今回ご紹介した内容を少しでも意識して行動して頂き、周囲との関係性を良いものとする手助けとして頂ければ幸いです。